Androidの新ファイル共有機能はMac/Windowsに対応か

bio
Yusuke Sakakura

Androidの新ファイル共有機能はMac/Windowsに対応か

Android 10でファイル共有機能「Android Beam」が削除されて以来、Androidには標準のファイル共有機能は備わっていない。

SamsungやHUAWEIは独自機能を提供しており、XiaomiやOPPOなどはファイル共有に関するアライアンスを発足したが、結局はバラバラでAppleの「AirDrop」のようには洗練されていない。

こういった状況を改善すべくGoogleがAndroid標準の新しいファイル共有機能「Nearby Share」を開発していることが昨年から報じられているが、最新情報によればAndroidだけでなくMacやWindows、ChromeOSに対応するようだ。

高速なファイル共有機能「Nearby Share」

Androidの新しいファイル共有機能「Nearby Share」はWi-Fiを利用することで高速でファイルを共有機能できることがわかっている。

Android 10で削除されたファイル共有機能「Android Beam」は、NFC/Bluetoothを利用していたため転送速度が非常に遅くストレスを感じていたが、最大の弱点が克服されるようだ。

また、Androidだけでなく他のOS/デバイスでもファイル共有が可能になるという。

その証拠は今年4月に発見された。ChromeUnboxedによると、“Nearby Sharing機能を有効にします。すでにAndroidにはネイティブで実装されている”と説明書きのあるフラグがChromium Gerritに追加されたという。今月19日にはChrome OSの設定にも追加されたようだ。

XDA-DevelopersはLinuxやmacOS、Windows版のChromeブラウザにNearby Sharingのフラグを追加するコミットを発見した。コミットはまだマージされていないが「Nearby Share」をAndroidだけでなく別のOSやデバイスにも提供したいというGoogleの考えを確認するには十分だ。

なお、「Nearby Share」はGoogle Play開発者サービスを通じて提供されるため、HUAWEIなどGoogle Mobile Service(GMS)非対応のスマートフォンやタブレットでは利用できないと見られる。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています