Android版Chrome、ようやく64bit対応へ

bio
Yusuke Sakakura

Android版Chrome、ようやく64bit対応へ

Androidは2014年11月にリリースされたAndroid 5.0 Lollipopで64bitに対応した。今や新しいAndroidスマートフォンのほぼ全てが64bitに対応している。

ただし、ハードウェア上で動作するアプリケーションには64bitに対応していないものがある。意外なことにGoogle Chromeも該当するが、Googleはようやく重い腰を上げて64bit版をリリースするようだ。

パフォーマンスや安定性改善か

現在、Google Playで公開されている正式版(Ver83)とベータ版(Ver84)でオムニボックスに「chrome://version」と入力すると32bitと表示されるが、Ver85以降に該当する「Chrome Dev」「Chrome Canary」では64bitと表示される。

さらに、Chromium Bugs trackerでは、GoogleがAndroid 10以上かつVer85で64bitに対応すると案内している。

64bit対応で期待できるのはパフォーマンスや安定性、セキュリティの改善。Appleが先月開催したWWDC 2020では、iOS 14のSafariのJavaScriptパフォーマンスがAndroid 10のGoogle Chromeに比べて最大2倍であると発表されたが、Google Chromeが64bitに対応することで性能差が縮まるはずだ。

実際にAndroid Policeがウェブブラウザの性能を数値化できるJavaScriptを対象にしたベンチマークサイトOctane*にてChromeのスコアを計測したところ、Ver83に比べてVer85のトータルスコアは1000点以上アップした。開発が進むに連れてさらにスコアがアップする可能性もある。

Googleは実利用に則しないベンチマークブーストを理由にOctaneの開発を3年前に終了しているが、同機種・同ブラウザでのスコア比較は有効だ。

なお、ベータ版(Ver84)でも64bit版の提供が確認されているとのこと。ベータ版のAndroid 11をインストールしたPixel 3 XLにも64bit版が配布されていた。条件は不明だが一度確認してみると良い。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています