Apple、スペシャルイベントで2年ぶりに“One more thing”発表か

bio
Yusuke Sakakura

Apple、スペシャルイベントで2年ぶりに“One more thing”発表か

100%の的中率を誇るAppleのリーカーCoinXによると、Appleは次のスペシャルイベント『By innovation only』で“One more thing”−−サプライズを用意しているそうだ。

過去にiPod mini、iPod shuffle、iPod nano(2009)、MacBook Pro。最近ではApple Watchや、Apple Music、iPhone Xの発表でも使用された“One more thing”が2年ぶりに復活するかもしれない。

iPhone Pro、紛失防止タグ、ARグラス…

スペシャルイベントでは、3機種のiPhone 11シリーズや新型Apple Watch、新型Apple TVなどの新製品とゲーム遊び放題のサブスクリプションサービス「Apple Arcade」、Appleオリジナル番組など動画見放題の「Apple TV+」などの正式発表が予想されている。

サプライズになり得るのはiOS 13から発見されている紛失防止タグ「B389」やARグラスだが、CEOがティムクックになってからは“One more thing”に驚きははなく、事前に発表が報じられていたものばかりでiPhone 11シリーズのうちProを冠した上位モデルの可能性も考えられる。

なお、“One more thing”は、スイスの時計メーカーSwatchが2015年に国際商標登録を出願。Appleは登録の取り消しを求めたが、却下されている。ただ、Swatchによる商標登録の出願後も使用(2017年の「iPhone X」発表時)しているため、商標登録の影響で使用できなくなることはなさそうだ。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています