bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

速報:Apple、9月11日に「iPhone 11」発表へ〜スペシャルイベント開催

Appleニュース

速報:Apple、9月11日に「iPhone 11」発表へ〜スペシャルイベントを開催

Appleが『By innovation only』と題したスペシャルイベントを日本時間9月11日(水)に開催することを正式にアナウンスした。

スペシャルイベントでは、3機種の「iPhone 11」シリーズ、大画面化した新型iPad、新素材ケースが追加される新しいApple Watchなど多数の新製品や「iOS 13」、「watchOS 6」、「macOS Catalina」などの次期OSが発表される可能性がある。

『By innovation only』

Appleが日本時間9月11日午前2時から開催するスペシャルイベントは、昨年に引き続き新社屋の「Apple Park」内に建設された1000人収容の「スティーブジョブズシアター」で開催される。

昨年のスペシャルイベント@スティーブジョブズシアター

イベントのタイトル『By innovation only』――“革新のみ”に込められた意味はわからないが、グリーン/ブルー/イエロー/レッド/パープルでカラーリングされたカラフルなAppleロゴは新型iPhoneのカラーラインナップを示している可能性がある。昨年は昨年はスティーブ・ジョブズ・シアターが金色にカラーリングされたようなイメージが公開され、新色のゴールドが追加された。

スペシャルイベントの模様はAppleのサイト上でライブ配信される。iPhone、iPad、iPod touch、Apple TV、Mac(Safari)、Windows(Microsoft Edge)で視聴が可能だ。

発表される新製品や新サービス

今年のスペシャルイベントでは「iPhone 11」シリーズや新型iPad/iPad Pro、新しいApple Watchなど多数の新製品に加えて、今年秋に開始予定とアナウンスされているゲーム遊び放題の「Apple Arcade」やAppleオリジナルのテレビ番組などが見放題の「Apple TV+」といった新サービスの開始時期や料金などの発表も予想される。

iPhone 11シリーズ

iPhone 11シリーズ

最大の注目は今年も新型iPhoneだ。

iPhone XS/XS Max/XRに続く名前はiPhone 11、iPhone Pro、iPhone 11 Proなどが候補にあがっているが、明確な情報はない。

今年も5.8インチ/6.5インチの有機ELディスプレイ、6.1インチの液晶ディスプレイの3機種ラインナップ。有機ELディスプレイを搭載したProシリーズは、より多くの被写体を1枚の写真/動画に収められる超広角レンズを搭載することで、景色などをダイナミックに撮影できるようだ。iPhone XRの後継機もレンズが1つ増えたデュアルカメラが搭載され、ズームとポートレート撮影の性能が向上するとみられている。

バッテリー容量は最大20%アップが予想されており、劇的に電池持ちが向上するほか、iPhoneの背面に「AirPods」を乗せるだけでワイヤレスで充電できる新機能に対応するとみられている。クリアなガラスでデザインされたバックパネルはすりガラス仕様になるなど、小幅なデザインの変化も用意されているようだ。

発表から2日後の9月13日(金)には予約受付がスタートし、9月20日(金)に発売される可能性が高い。ここ数年は一部モデルの発売日に遅れが生じているが、今年は全機種の9月発売が予測されている。

新型iPad

新型iPad

iPadは低価格帯の第7世代iPadとマイナーアップデートとなるiPad Proが準備されているようだ。

第7世代iPadに関する情報は錯綜気味。ディスプレイが9.7インチから10.2インチに大型化するとの噂がある一方で、画面サイズや存在感のある分厚いベゼルは変わらず、顔認証の「Face ID」ではなく指紋認証の「Touch ID」が継続、イヤホン端子もそのままとの噂もある。

昨年、新デザインで大幅にアップデートされたiPad Proは、11インチと12.9インチともにカメラ性能が向上し、高速なプロセッサが搭載されるようだ。

ゲーム遊び放題の「Apple Arcade」やAppleオリジナルのテレビ番組などが見放題の「Apple TV+」などiPadで堪能できる新サービスが開始するタイミングで新型iPadが発売される可能性は低くない。ただ、過去には2ヶ月連続で秋のスペシャルイベントが開催され、10月にiPadが発表されたことから発表時期は前後しそうだ。

新型Apple Watch

新型Apple Watch

新型Apple Watchの噂として廃止されたセラミックケースの復活や新しいチタンケースの追加が報じられているが、例年に比べると数が少ない。

最大35%も大型化されたディスプレイや50%大きくなったスピーカーのボリューム、処理性能が2倍も高速になった「S4」チップ、ユーザーの転倒検知や手首から直接心電図を計測できるヘルスケア関連の新機能が追加された「Apple Watch Series 4」のマイナーアップデートになるとも報じられている。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhone 11

2019/09/18
再更新:iPhone 11/11 Pro、RAMとバッテリー容量が判明。中国の認証機関から

NTTドコモ

2019/09/18
ドコモ、下り最大3.2Gbpsの「5Gプレサービス」を20日から開始。試作機も公開

Apple Music

2019/09/18
Perfume、サブスク解禁。全曲聴き放題に

Android

2019/09/18
Google、AirDropのようなAndroidの共有機能「Fast Share」を開発中
Recommendこんな記事も読まれています