bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Apple、米で「iPhone SE」の再販開始。クリアランスセールで

iPhone SE

Apple、米で「iPhone SE」の再販開始。クリアランスセールで

AppleはiPhone XSなど最新モデルの登場と共に、片手で操作できるコンパクトさで人気を集めた「iPhone SE」の販売を終了した。

販売終了が明らかになった直後から再販売や次期モデルを望む声が多く確認されていたが、米国のApple公式サイトではクリアランス品として販売が再開されている。

米国のクリアランスセールに「iPhone SE」が登場

iPhone SE クリアランスセール

クリアランスセールに登場した「iPhone SE」は32GB/128GBのストレージ容量とシルバー/ローズゴールド/ゴールドの3色がラインナップされている。32GBモデルの販売価格は349ドルから249ドルに値下げ。128GBモデルは449ドルから299ドルに値下げされている。

残念ながら再販が開始されたのは米国のApple公式サイトのみで日本のApple公式サイトから購入することはできない。そもそも日本ではクリアランス品や整備済製品のiPhoneは販売されていない。

iPhone SEは4インチのRetinaディスプレイとA9チップ、指紋認証「Touch ID」、12メガピクセルのカメラを搭載したモデルとして2016年3月に発売され、コンパクトなスマートフォンを好むユーザーから高い評価を獲得した。

販売終了後も販売再開を望む声や次期モデルの発売を求める声も多くあった。一時は後継モデルとなるiPhone SE2の発売も噂されたが、Appleが開発・販売を取りやめたとも報じられ、発売されることはなかった。

AppleがクリアランスセールでiPhone SEの販売を再開した理由は不明だ。販売不振に陥ったiPhoneの売上を少しでもあげようとしているのか、後継モデルを開発または販売するにあたってどれぐらいの需要があるのかを調べようとしているのか、それとも単純な在庫処分なのか。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhoneの噂・最新情報

2019/02/18
新型iPhone 11、すりガラスボディを採用か。他デバイスのワイヤレス充電に対応?

キャッシュレス

2019/02/18
ヨドバシカメラが独自のスマホ決済提供か。「ヨドペイ」が商標出願される

Galaxyの噂・最新情報

2019/02/17
Galaxy S10+の実機とベンチマーク流出。1TBのストレージと12GBのメモリ搭載か

キャッシュレス

2019/02/17
レジに並ばず買い物できる「ローソンスマホペイ」が全国に拡大。約100店舗で導入へ
Recommendこんな記事も読まれています