bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

「iPhone SE2」の噂まとめ 発売日・発表日・価格・スペックなど

iPhoneの噂・最新情報

「iPhone SE2」の噂まとめ 発売日・発表日・価格・スペックなど

2016年3月、Appleがコンパクトモデルの「iPhone SE」を発売しました。史上最高の4インチモデルとして登場すると大きな注目を集め、発売後は長期間の在庫不足が発生して入手困難に。

2018年9月に販売終了になりましたが、1年以上が経過した今、後継機となる「iPhone SE2」の発売が待望とされています。

この記事では2020年春に発売と報じられている「iPhone SE2」の発売日・発表日・特徴・価格・デザインなどの噂と最新情報をまとめています。

目次

特徴

iPhone SE2の特徴

2014年9月、Appleは2年ぶりに大画面化した4.7インチのiPhone 6と5.5インチのiPhone 6 Plusを発売。発売日から3日間の販売台数が1,000万台を突破するなど世界中で人気を集めました。その一方で、片手でも操作できるコンパクトなiPhoneの復活を望む声も多く、Appleがそれにこたえて2016年3月に「iPhone SE」が発売されます。

デザインやサイズはそのままに、カメラやパフォーマンス、電池持ちが向上。さらに価格を抑えた“Special Edition”として登場すると発売直後から長期間の在庫不足が発生しました。2018年9月に販売中止となり、1年が経過した現在も後継機の登場を望む声は多く、新型モデル「iPhone SE2」の登場が期待されています。

「iPhone SE2」に関する噂はここ数年続いており、当初は片手で操作できる4インチの画面とコンパクトなボディサイズが継続されると報じられていましたが、最新の情報によれば大型化して登場する可能性が高いようです。

発表日・発売日

発表日・発売日

当初、「iPhone SE2」は2018年第1四半期に発表と報じられ、その後は開発者向けのイベント「WWDC18」で発表、さらに2018年5月に発表と報じられていましたが、実現しませんでした。

Forbesがケースメーカーから得た情報によれば、Appleは「iPhone SE2」を開発していたものの中止したようです。ただ、信ぴょう性は不明。当時、「iPhone SE2」がユーラシア経済委員会から販売許可を受けたと伝えられたことで「iPhone SE2」が存在する可能性が高まりましたが、許可を受けたすべてのモデルが2018年に発売されたiPhoneであることがわかっています。

Appleの未発表製品に関して確度の高い情報を伝えるMing-Chi Kuoによれば、「iPhone SE2」は2020年第1四半期――つまり2020年の3月までに発表されるようです。さらに、日本経済新聞は複数の関係者から得た情報として2020年春に発売と報じていて時期がある程度一致していることから信ぴょう性は低くないでしょう。

Appleは2016年3月にスペシャルイベントを開催して「iPhone SE」を発表しています。4年後の2020年3月に「iPhone SE2」が発表される可能性も考えられます。

ディスプレイ

ディスプレイ

iPhone SEの登場から3年以上が経過してiPhoneに搭載されるディスプレイは、飛躍的に性能が向上しています。解像度やコントラスト比、視野角がアップし、iPhone X以降では発色の良さ、高精細、省電力に優れる有機ELのSuper Retina HD/Super Retina XDRディスプレイが搭載されています。

機能面では周囲の光に合わせて画面の色合いを調整する「TrueTone」やより鮮やかに映し出す「広色域ディスプレイ」、クッキリした光の明暗が楽しめる「HDRディスプレイ」にも対応しています。

「iPhone SE2」では、4.7インチの液晶ディスプレイが搭載されるようです。

iPhoneの液晶にはiPhone 8に採用されたRetina HDディスプレイとiPhone 11に採用されているLiquid Retina HDディスプレイの2種類がありますが、デザインはiPhone 8似と報じられていることから「iPhone SE2」にはボディ内でディスプレイを曲げる必要がなく、コストが安いであろうRetina HDディスプレイが採用されるのではないでしょうか。

ただ、iOS 13で機能が縮小し、iPhone 11シリーズで不採用となった3D Touchはサポートせず、長押しで代替となる触覚タッチへの対応が予想されます。3D TouchはiPhone SEにも採用されていなかったことから買い換えるユーザーにとって気にする必要はないでしょう。

チップセット・バッテリー

チップセット

iPhone SEには当時最新の「A9」チップが搭載されました。iPhone 5sの2倍の処理性能と3倍の描画性能を実現したことから“スマートフォン史上最もパワフル”と表現されていました。

「iPhone SE2」にはiPhone 11シリーズにも搭載された最新の「A13 Bionicチップ」が採用されるようです。

A13 BionicチップはA9チップとは比べ物にならないぐらい高速でゲームやARといった高い処理能力を要求するアプリも快適に利用できます。また、カメラで撮影した写真や動画をリアルタイムに分析して1枚の写真に合成するAI用の第3世代ニューラルエンジンとCPUが秒で1兆超を処理する新しい機械学習のアクセラレータが加わります。

また、メモリはiPhone 11シリーズの4GBには及ばないものの2GBから3GBにアップするとのこと。

ボディサイズがiPhone 8と同等になることからバッテリーの容量は1,821mAh前後になるのではないでしょうか。iPhone SEの1,624mAhから約200mAhの増量です。「A13 Bionicチップ」は低消費電力化も進んでいるので電池持ちにはある程度期待できるかもしれません。

カメラ

カメラ

カメラも飛躍的な進化を遂げています。レンズは広角・望遠・超広角の3つになり、写真/動画撮影ともに光学式手ぶれ補正に対応。夜景撮影が可能な「ナイトモード」や背景ぼかしができるポートレートモードも利用できます。フロントカメラの画素数は10倍になりました。

iPhone SE2に搭載されるカメラに関する具体的な情報はありませんが、Ming-Chi Kuoはほとんどのハードウェア仕様がiPhone 8と同じになると伝えていることからメインカメラはシングルレンズを継続採用。絞りがƒ/2.2からƒ/1.8にアップすることで明るく撮影できるほか、光学式手ぶれ補正に対応する可能性が高いでしょう。

フロントカメラは画素数が1.2メガピクセルから7メガピクセルに向上することでより鮮明なセルフィーとFaceTime(ビデオ通話)が楽しめるはず。絞りもƒ/2.4からƒ/2.2にアップします。

ストレージ

ストレージ容量

発売当初、iPhone SEのストレージは16GBモデルと64GBモデルがラインナップされ、発売から1年が経過したタイミングで32GB/128GBに倍増されています。

現在のところストレージ容量に関する噂はありませんが、「iPhone SE2」の発売後に販売終了になるであろうiPhone 8は64GBと128GBが用意されていることが参考になるかもしれません。

Touch ID

Touch ID

2017年11月に発売されたiPhone Xから指紋認証から顔認証の「Face ID」に変わりましたが、「iPhone SE2」はiPhone 8シリーズと同じく指紋認証「Touch ID」を搭載するようです。

iOS 13でFace IDの認証スピードは劇的に高速化されましたが、顔を認識できる範囲が狭いため、机に置きながら画面ロックを解除できません。Touch IDの継続を好意的に受け止める人も多いでしょう。

なお、Touch IDにはiPhone 5s〜iPhone 6シリーズに搭載された第1世代と、iPhone 6sシリーズ〜iPhone 8シリーズに搭載された第2世代が存在しています。

第2世代Touch IDは、第1世代に比べて認証スピードが最大2倍にアップ。体感スピードも大きく向上しました。iPhone SEは第1世代のTouch IDでしたが、いまさら旧型を搭載する理由もなく「iPhone SE2」は第2世代が採用されるはずです。

ワイヤレス充電

ワイヤレス充電

ほとんどのハードウェア仕様がiPhone 8と同じになるため、バックパネルの素材はアルミからガラスに変わり、ワイヤレス充電に対応する可能性が高そうです。ワイヤレス充電に対応すれば、Lightningケーブルを小さい端子に差し込む手間がなく、充電パッドに置くだけで充電が可能になります。

また、Lightningケーブルを使った充電では30分で最大50%も充電できる高速充電にも対応するでしょう。iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxには高速充電に必要なアクセサリが一式同梱されていましたが、iPhone 11には同梱されていないことから「iPhone SE2」も別途購入となる可能性が高そうです。

FeliCa

FeliCa

SuicaやiD、QUICPayなどiPhoneをタッチするだけで交通機関や店舗で決済できるのはFeliCaが内蔵されたiPhone 7シリーズ以降のモデル。iPhone SEは非対応となっていました。

ハードウェア仕様がiPhone 8と同等になるため、「iPhone SE2」にもFeliCaが搭載されるはずです。

デザイン・サイズ

デザイン・サイズ

iPhone SEユーザーが望んでいるのはサイズそのままで性能や機能が向上することだと思いますが、残念ながらiPhone 8と同じサイズになるようです。

デザインも引き継がれるため、前面は厚いベゼルを備えた4.7インチのディスプレイに、指紋認証を兼用したホームボタンが配置されます。背面はアルミにからガラスに変化。カメラはボディから突起した形状になるでしょう。ボトムからはイヤホン端子がなくなるため、変換アダプタやLightning端子を備えたイヤホンを利用しないかぎり有線イヤホンは利用できなくなります。

カラーバリエーションに関する噂はありません。

価格

「iPhone SE2」の価格

現時点で「iPhone SE2」の価格については情報がほとんどありませんが、iPhone SEの販売価格が参考になるはず。32GBは39,800円、128GBは50,800円でいずれも税別です。

まとめ

iPhone SE2iPhone SE
デザインiPhone SEiPhone SE
ボディガラス x アルミフレームアルミ
ディスプレイ4.7インチ
1,334 x 750ピクセル
Retina HDディスプレイ
4インチ
1,136 x 640ピクセル
Retinaディスプレイ
3D Touch××
TrueToneディスプレイ×
広色域ディスプレイ×
HDRディスプレイ×
カメラ12メガピクセル
ƒ/1.8
12メガピクセル
ƒ/2.2
光学手ぶれ補正×
4Kビデオ撮影24fps
30fps
60fps
30fps
FaceTime HDカメラ7メガピクセル
ƒ/2.2
1.2メガピクセル
ƒ/2.4
写真・動画圧縮方式HIEF/HEVCJPG/H.264
ストレージ32GB/128GB?32GB/128GB
バッテリー容量1,821mAh1,624mAh
ワイヤレス充電×
高速充電×
チップA13 BionicA9
メモリ3GB2GB
Apple Pay交通機関/店舗/アプリ/ウェブ
FeliCa
アプリ/ウェブ
防水IP67×
イヤホン端子×
カラーバリエーション?ゴールド/ローズゴールド/スペースグレイ/シルバー

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

インスタグラム

2019/12/08
インスタ、突然表記が英語になるバグ発生。日本語に直すには?

セール

2019/12/07
Kindle、過去最安値でサイバーマンデーに登場

iPhoneの噂・最新情報

2019/12/07
iPhone 9、“8”と同価格または低価格で発売か

ソフトバンク

2019/12/06
ソフトバンクと東京大学、AI研究所を'20年春に設立。最先端のAI研究機関へ
Recommendこんな記事も読まれています