bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

特定文字の受信でiPhoneが再起動するバグ発生。Appleは次回アプデで修正と案内

iOS 11

特定文字の受信でiPhoneがクラッシュするバグが再び発覚。Appleは次回アプデで修正と案内

現在、iOS/macOS/watchOS/tvOSでは特定の文字を受信するだけでiPhoneなどのデバイスが再起動したりアプリケーションがクラッシュして起動すらできなくなるバグが発生している。

iPhoneの再起動後、アプリの起動が不可能に

今回発見されたバグはiOS/macOS/watchOS/tvOSを搭載したデバイスにインドのテルグ文字をたった一文字受信するだけでアプリケーションがクラッシュして起動できなくなったり、iPhoneが再起動するというもの。

iOSでは度々発生している特定言語の文字を受信するとアプリが起動しなくなるバグだが、今回確認されたバグは特定のアプリやOS、デバイスに限定されないため、過去に発生したバグより影響の範囲が広い。

これまでのバグはメッセージアプリに限定されていたが、今回はTwitterやLINE、Facebookなどサードパーティ製のアプリでテルグ文字を受信した場合でもアプリが起動しなくなると報告されている。実際にGmailで試したところ、テルグ文字を受信してアプリを起動した直後にiPhoneが再起動。その後、まともにGmailが開けなくなってしまった。

AndroidスマートフォンやPCで該当のメールを削除することで解消できたが、マルチアカウントに完全対応していないLINEでは対応がめんどくさそうだ。なお、iPhone標準のメッセージアプリで受信した場合はメッセージアプリが一切起動しなくなるため該当のメッセージを削除することができない。この場合は別のユーザーからテルグ文字を含まないメッセージを送ってもらって通知からメッセージアプリを起動した後、テルグ文字を含むメッセージをスレッドごと削除すればいい。ただ、バグが発生するとメッセージが届かなくなる事象をも確認しているので遊び半分で自分や他人に送信するのは絶対にやめよう。

Appleは、この致命的なバグを次回のアップデートで修正すると案内している。今春にはバッテリーの劣化によるiPhoneの性能低下を無効化できるオプションなどが追加される「iOS 11.3」がリリースされる予定だが、Appleが“すぐに”と案内しているとおり「iOS 11.2.6」など緊急のアップデートが配信されるかもしれない。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhone XS / XS Max

2018/09/25
iPhone XS/XS Max、Wi-Fiや4G/LTEの通信が不安定になる不具合発生か

iOS 12

2018/09/25
Apple、リアルタイムのボケ調整機能を「iOS 12.1」で追加へ

お役立ちコンテンツ

2018/09/25
macOS Mojaveの「ダークモード」の使い方〜キーボードショートカットの作り方も

Apple Watch

2018/09/25
「Apple Watch Series 4」レビュー
Recommendこんな記事も読まれています