bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhoneのバッテリー診断機能、今月ベータ版に登場

iOS 11

iPhoneのバッテリー診断機能、今月ベータ版に登場

充電回数や高温での放置などが影響して劣化したバッテリーにより、iPhoneの性能が低下する問題でAppleはユーザーに謝罪すると共にバッテリーの交換費用を期間限定で値下げした。

これらに加えて現在ベータ版が提供中の「iOS 11.3」の新機能としてバッテリーが劣化し、iPhoneの性能に影響を与えているかがわかる診断機能と性能低下をオフにできる機能が提供されることも発表されているが、今月にも先行提供されるようだ。

バッテリー診断機能・性能低下オプションが今月登場

Appleは今春正式リリース予定である「iOS 11.3」のプレビューを行い、バッテリー診断機能と性能低下をオフできるオプションを追加することを明らかにしたが、先月リリースされたベータ版にはこれらの機能が追加されなかった。

Appleはバッテリーの劣化によってiPhoneの性能を低下させていた問題で司法省と証券取引委員会から調査を受けていると報じられたことについてAxiosが問い合わせを実施。Appleは複数の政府機関から質問を受けたと認めた上で、バッテリー診断機能やiPhoneの性能低下オプションを来月にも開発向けのリリースで追加するとした。

バッテリー劣化によるiPhoneの性能低下機能は強制シャットダウンを減らすためのものだが、ユーザーに隠していたころから大きな問題に発展した。Appleは否定しているが、古いiPhoneから新しいiPhoneへの買い替えを促すための機能という声も多い。「iOS 11.3」で追加される性能低下のオプション機能はそういった批判の声を払拭するものだ。

ただし、このオプション機能についてティム・クックCEOは推奨される機能ではないとしている。もし、修理にかける時間があって電池持ちに不満があるのであれば、Appleが期間限定で値下げしているバッテリー交換サービスを利用するのがオススメ。通常価格8,800円が3,200円に大幅値下げされている。

なお、バッテリー交換サービスの申し込み方法やバッテリーの予約方法については以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

AirPods

2020/10/27
AirPods Studio、ヘッドバンドに問題発生で延期。交換不可に?

AirPods

2020/10/26
AirPods 3、短いステム(うどん)に変更か。AirPods Pro 2はステム廃止の噂

NTTドコモ

2020/10/26
ドコモ、2020-2021冬春モデルを11月5日に発表。Xperia 5 IIなど登場か

iPhone 12

2020/10/26
MagSafe充電器、ケースに跡が付く可能性。人気のウォレットケースは外す必要あり
Recommendこんな記事も読まれています