bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Apple、iOSアプリをMacで動作させる新機能は年内提供か

Appleニュース

Apple、iOSアプリをMacで動作させる新機能は年内登場か

今秋に正式リリースされるであろう次期iOSとmacOSでは、多数の新機能を先送りし、安定性と信頼性の改善・向上を優先したアップデートになると報じられたが、iOSアプリをMacで動作せるビッグな新機能は予定どおり提供されるようだ。

品質改善が優先もビッグな新機能が登場

Appleが品質・パフォーマンス・信頼性を改善するために開発リソースをシフトさせていると複数のメディアが報じたが、新たにユーザーが満足できる新機能の開発にも取り組んでいるとの情報をAxiosが伝えている。

Appleのソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長であるクレイグ ・フェデリギが2018年1月初期に開催したミーティングで次期「iOS 12」に搭載するはずだった一部の新機能を先送りすると伝え、次期macOSについてもシステム起動とロック解除時のパフォーマンスを改善するという。

確かにHighSierraになってからシステム起動が非常に遅く、ロック解除のレスポンスが遅いため、ロックオン→ロック解除を繰り返すことが多くなっていたため、実現すれば歓迎されるアップデート内容になるだろう。なお、Apple WatchやApple TVについては新機能の先送りなどの影響を受けないようだ。

品質改善を優先しながらも追加されるビッグな新機能とは、昨年12月に報じられた1つのソースコードでiOS/macOSをサポートし、複数のデバイスで動作できるというものだ。カンタンに言えばiPhoneアプリがMac上でも動作することになる。開発者は管理するソースが減り、OSまたはデバイスごとにアップデートを適用する必要がなくなるため、アップデートの適用時間が短くなるため、ユーザーと双方に大きなメリットを生む。

なお、「iOS 12」で先送りされる新機能については以下の記事で詳しく伝えている。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

AirPods

2020/10/27
AirPods Studio、ヘッドバンドに問題発生で延期。交換不可に?

AirPods

2020/10/26
AirPods 3、短いステム(うどん)に変更か。AirPods Pro 2はステム廃止の噂

NTTドコモ

2020/10/26
ドコモ、2020-2021冬春モデルを11月5日に発表。Xperia 5 IIなど登場か

iPhone 12

2020/10/26
MagSafe充電器、ケースに跡が付く可能性。人気のウォレットケースは外す必要あり
Recommendこんな記事も読まれています