bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

アップル、「watchOS 2.0.1」のアップデートを配信――バッテリー性能など多数の不具合を修正

Apple Watch

アップル、「WatchOS 2.0.1」のアップデートを配信――バッテリー性能など多数の不具合を修正

アップルがApple Watch向けのOSの最新版「watchOS 2.0.1」のアップデート配信を開始しました。バッテリーパフォーマンスに影響のある問題など多数の不具合が修正されています。

watchOS 2.0.1のアップデート内容

「watchOS 2.0.1」のアップデート内容は以下のとおりです。


なお、Apple Watchをアップデートするには、ペアリングされたiPhoneがWi-Fiに接続されている必要があるほか、Apple Watchが充電器に接続されており、バッテリーの残量が50%以上になっている必要があります。

詳しいアップデート方法は以下のエントリーを参考にしてください。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhone 7

2018/12/12
UQ mobile、iPhone 7の価格は実質3.4万円から。発売日は12月20日に

インスタグラム

2018/12/12
インスタグラム、2018年の人気ハッシュタグ・スポットを発表〜最も輝いた著名人は渡辺直美・今田美桜

スマホアプリ

2018/12/12
ポケモンGO、アップデートで新機能「トレーナーバトル」を追加

ソフトバンク

2018/12/12
ソフトバンク、超軽量の「AQUOS zero」を12月14日から予約開始。発売日は12月下旬以降
Recommendこんな記事も読まれています