bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

アップル、WatchOS 2をリリース――新機能の新しい文字盤、ネイティブアプリ、Wi-Fi対応など

Apple Watch

アップル、WatchOS 2をリリース――Wi-Fi対応、新しい文字盤の追加など大規模アップデート

アップルは、深刻なバグが発見されたために配信予定としていた9月16日の直前にキャンセルされていたアップルウォッチ向けのOS「WatchOS 2」の配信を開始しました。

WatchOS 2が配信開始、Wi-Fi対応、新しい文字盤追加、セキュリティ向上など大規模アップデートに

WatchOS 2では、タイムラプス動画など新しい文字盤が追加されるほか、天気予報などの情報を文字盤に表示できる機能「コンプリケーション」がサードパーティに解放されます。

運動量を測定する「アクティビティ」では、RunKeeperやRuntasticなどサードパーティの運動量測定アプリで計測した情報とアクティビティアプリで計測した情報を統合して表示・記録できるようになります。

Apple Watch単独で動作するネイティブアプリのサポートも行われます。ネイティブアプリでは、Apple Watchのマイク、加速度計、TapticEngine(バイブレーション)、デジタルクラウンといったハードウェアを活用することが可能。さらに、Wi-Fiに対応することでiPhoneがなくてもApple Watchから直接データのダウンロードが可能になります。

さらに、Apple Watchのデータを消去する際にApple IDとパスワードを求める「アクティベーションロック」にも対応。これまでのWatchOSでは、Apple Watchを盗まれたあと、他人のアカウントが設定されてしまう脆弱性があったため、窃盗の対象になりやすくなっていましたが、アクティベーションロックに対応したことでiPhoneやiPadと同様に盗まれても利用または売買しづらく、窃盗の対象になりにくい製品となりました。

詳しい「WatchOS 2」の新機能と変更点は以下のエントリーでまとめています。


▼アップルが公開したWatchOS 2のアップデート内容は以下のとおり。


WatchOS 2へのアップデート方法は、以下のエントリで詳しく解説しています。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINE Pay

2018/12/14
今度はLINE Payが20%還元スタート。年末まで、上限5000円

Pixelの噂・最新情報

2018/12/14
Pixel 3/Pixel 3 XL、アップデートでおサイフケータイが起動しない不具合を改善

スマホのアクセサリ・グッズ

2018/12/14
500個限定・500円オフ、2種類の入力端子&超大容量バッテリー「Anker PowerCore Lite 20000」発売

スマホアプリ

2018/12/14
ポケモンGO、あす早朝から伝説のポケモン「ルギア」と「ホウオウ」が期間限定で登場
Recommendこんな記事も読まれています