Apple Watch、心肺機能の低下を通知可能に。死亡リスク指標を事前検出

Apple Watch

Apple Watch、心肺機能の低下を通知可能に。死亡リスクを事前検出

12月15日、Appleが公開した「iOS 14.3」と「watchOS 7.2」で、健康状態の強力な目安となる心肺機能のモニタリングと評価機能が追加された。

心肺機能が同年代および同性のなかでどのように評価されているのかiPhoneのヘルスケアアプリで確認できるほか、心肺機能が低いと評価された場合はApple Watchに通知が届く。

なお、アメリカ心臓協会の声明によれば、心肺機能が低い場合は心臓病や高血圧、肥満などの重大な疾患を後年患うリスクとの関連が高く、研究では、低い心肺機能が喫煙や糖尿病、高血圧などの一般的なリスク因子よりも強力な死亡リスク指標であることが示唆されているという。

心電図Appの日本提供はまだ

最新版にアップデートしたApple Watchでは、iPhoneのヘルスケアアプリの「心肺機能」にアクセスして自分の心肺機能のレベルが同年代の同性の人と比較して高い/平均より上、平均より下、低いのどれかに評価されているのか、過去の週/月/年からどのように変化したのかも確認できる。

心肺機能が低いと評価された場合はApple Watchで通知を受け取ることが可能。時間をかけて心肺機能のレベルを改善したり、医師の診断を受けるためのガイダンスを確認できるそうだ。

現在、Apple Watchは運動時に体が利用できる酸素の最大量を示す「最大酸素摂取量(VO2 max)」をもとに心肺機能を評価できるが、屋外のウォーキングやランニング、ハイキング時などハードなワークアウト時の平均および平均より高いレベルの最大酸素摂取量に限定されている。

多くのランナーやアスリートはApple Watchが推定するの最大酸素摂取量をもとにパフォーマンスを向上させているそうだ。今日からApple Watchに搭載された光学式心拍センサーやGPS、加速度センサーなど複数のセンサーを使用することで、通常は専門の機器を使って厳密なテストを行う必要がある歩行時など低いレベルの最大酸素摂取量も推定可能に。これまで一般人には必要性の薄い機能だったが、これからは健康面にも役立つようになる。

なお、国内で医療認証を取得したことがわかっている心電図Appはいまだに日本で提供されない。すでに韓国で利用できるほか、今日公開されたwatchOS 7.2で台湾でも提供がスタートした。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPadの噂・最新情報

2021/04/20
Apple、きょう深夜に新商品発表。新型iPadが中心、サプライズ用意?

iPhoneの噂・最新情報

2021/04/19
iPhone 13、5Gミリ波モデルが日本で発売か

UQ mobile

2021/04/19
UQモバイル、iPhone 11の価格は4.9万円から

NTTドコモ

2021/04/18
ahamo、有料の店頭サポートは1回3300円か
Recommendこんな記事も読まれています