bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

近日発売か「Apple Watch Series 4」の存在が明らかに

Apple Watch

近日発売か「Apple Watch Series 4」の存在が明らかに

Photo by Ben Geskin

Consomacがユーラシア経済委員会(EEC)のデータベースから未発表の新型Apple Watchの存在を発見した。

ユーラシア経済委員会は、ロシア・ベラルーシ・カザフスタンなどの加盟国において電子製品の販売許可を与える権利を持つ機関。同委員会のデータベースからは当時未発表だったiPhone 7/MacBook/iMac Pro/AirPods/第6世代iPad/MacBook Pro(2018)の存在が明らかになり、発売された実績があることから信ぴょう性が非常に高い。

新型Apple Watchは6種類存在する?

EECのデータベースに登録されたのは次期「watchOS5」を搭載する以下のモデル番号。

Appleが公開しているモデル番号に照らし合わせると、「A1802」と「A1803」は、38mmと42mmのApple Watch Series 1。「A1757」と「A1758」は、38mmと42mmのApple Watch Series 2。「A1816」と「A1817」は、38mmと42mmのApple Watch Edition。「A1858」と「A1859」は、38mmと42mmのApple Watch Series 3(GPS)となる。

A1975、A1976、A1977、A1978、A2007、A2008は、発売済みのモデルと照合できないため、今年秋に発売と噂の「Apple Watch Series 4」である可能性が高い。

GPSモデル廃止、GPS+Cellularモデルのみラインナップか

興味深いのは全8種類のモデル番号あったApple Watch Series 3に対して、Apple Watch Series 4は6種類のモデル番号のみ存在していることだ。

モデル番号はApple Watchのサイズ(38mm/42mm)ごとに異なるため、Apple Watch Series 4は3種類のモデルが存在することになる。Apple Watch Series 3では、GPS/GPS+Cellularモデルによってモデル番号が異なり、さらにGPS+Cellularモデルでも販売地域によってモデル番号が異なっていた。

Apple Watch Series 3のモデル番号
38mm42mm
GPSA1858A1859
GPS+Cellularアメリカ:A1860
ヨーロッパ/アジア:A1889
中国:A1890
アメリカ:A1861
ヨーロッパ/アジア:A1891
中国:A1892

考えられるのは販売地域によって異なるGPS+Cellularのモデル番号がいくつかに統一されること。かつてiPhoneでもあった動きで可能性はある。9to5Macは、GPSモデルが廃止されて、GPS+Cellularモデルのみが用意されると予測している。

なお、Apple Watch Series 4では、感圧ボタンを採用することで耐水性が向上し、ディスプレイがベゼルレス化して画面サイズが15%大きくなり、電池持ちが改善されるとの噂がある。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINE Pay

2018/12/17
LINE Pay(ラインペイ)の始め方 カードの使い方やチャージ、支払いまで全まとめ

LINE Pay

2018/12/16
LINE Pay(ラインペイ)の使い方 QRコード支払いや割り勘も

LINE Pay

2018/12/16
LINE Pay(ラインペイ)でチャージする方法 コンビニやATM・銀行振込でも

Apple Music

2018/12/15
Amazon Echoが「Apple Music」に対応。日本ではまだ
Recommendこんな記事も読まれています