iOS 15の新機能:iPhoneの買い替え時はiCloudストレージが無料で容量無制限に

bio
Yusuke Sakakura

iOS 15の新機能:iPhoneの買い替え時はiCloudストレージが無料で容量無制限に

9月21日に配信されたiOS 15では、クラウドサービスのiCloudにも大規模なアップデートが入りました。

そのうちの1つが「アプリとデータを移行するための追加のiCloudストレージ」です。

これはiCloudの容量が足りず、今使っているiPhoneのバックアップが取れないときに利用できる容量無制限・無料のiCloudストレージで、iPhoneの買い替え時にとても助かる新機能です。

iCloudの容量が足りなくてもバックアップの作成・データ移行が可能

iOS 15のiCloudでは、一時的なバックアップを保存するために必要なストレージの容量が最大3週間、無料で提供されます。この特別なストレージを利用することで、すべてのアプリ・データ・設定をiPhone 13など新しいデバイスに移行することができます。

バックアップは新しいiPhoneの設定が完了するまで常に最新の状態に更新されるとのこと。設定完了後はiCloudストレージをアップグレードして、現在使えるiCloudストレージの容量を増やすか、以前のプランに戻すかを選択できます。

特別なストレージの利用期限はバックアップを開始してから21日後に期限切れになりますが、新しいiPhoneが21日以内に届かない場合は期限の延長をリクエストすることも可能。

新しいiPhoneへの買い替え時に役立つ特別なiCloudストレージが利用可能になると、今使っているiPhoneに通知が届きます。自分のiPhoneに通知が届いたのは17日にApple公式サイトでiPhone 13を注文して「ご注文ありがとうございます。」のメールが届いてから1時間後でした。

通知は新しいiPhoneを購入したApple IDと紐付いているのかもしれません。キャリア版などApple以外から購入しても通知が届くのかは不明です。キャリア版を購入して通知が届いた方がいれば、当記事のコメントで教えてください。実際に利用する場合は以下のような流れになります。

  1. STEP 1

    新しいiPhone購入後に通知が届く

    新しいiPhoneの購入後、今使っているiPhoneに通知が届くのでタップしましょう。

    新しいiPhone購入後に通知が届く

  2. STEP 2

    特別なiCloudストレージを利用する

    “Appとデータを移行するための追加のiCloudストレージ”が表示されるので「続ける」をタップします。

    特別なiCloudストレージを利用する

  3. STEP 3

    無制限・無料のiCloudストレージを利用する

    “新しいiPhoneの準備を完了”が表示されたら、これからやることを確認して「完了」をタップします。

    無制限・無料のiCloudストレージを利用する

  4. STEP 4

    iCloudバックアップを完了させる

    設定画面にはiCloudのバックアップ状況と有効期限が表示されます。「新しいiPhoneのための準備ができました」と表示されたら完了です。

    iCloudバックアップを完了させる

話題の流れ
iOS 15

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています