使い道は?新型コロナワクチン接種証明書アプリが配信開始

bio
Yusuke Sakakura公開日:2021/12/20 8:41

使い道は?新型コロナワクチン接種証明書アプリが配信開始

12月20日、デジタル庁がApp StoreGoogle Playストアで「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」の配信を開始しました。

新型コロナワクチン接種証明書アプリでは、マイナンバーカードを読み取るとアプリ上に国内外で使える新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)を発行・提示・読み取りができます。

国内用のワクチン接種証明書の使い道はこれから

アプリで発行した接種証明書には、氏名・生年月日・接種記録(ワクチンの種類、接種年月日、ロット番号など)・パスポートの国籍と旅券番号(海外用のみ)が表示され、氏名・生年月日・接種記録等の情報を読み取れるQRコードも表示可能です。

なお、アプリ上でワクチン接種証明書発行する際に必要なマイナンバーカードは、申請から交付の準備ができるまで概ね1か月かかるため、今後、接種証明書の利用を検討している場合は、なるべく早くマイナンバーカードを発行する必要があります。

海外用の接種証明書を発行する場合はパスポートも必要です。

新型コロナワクチンアプリ新型コロナワクチンアプリ新型コロナワクチンアプリ新型コロナワクチンアプリ

海外用の接種証明書の使い道については、隔離期間の短縮など水際防疫措置の緩和・免除を受けることが可能な場合があると案内されています。なお、海外では、飲食店やスポーツ観戦時に接種証明書を義務付ける国や地域がありますが、発行した接種証明書は公共スペースでの利用を保証するものではありません。

国内用の接種証明書について現時点で具体的な使い道は示されていませんが、愛知県ではワクチン接種を促進するために接種済証、接種記録書、そして海外用の接種証明書を提示することを条件に、ドリンクをプレゼントしたり、イベントでのグッズ配布、割引やポイントを還元するなどの取り組みを実施しています。今後、同様の取り組みを実施する地域が拡大するかもしれません。

また、プロ野球のクライマックスシリーズでは、ワクチン接種証明書および陰性記録に基づいた入場者の観客席とそれ以外の観客席を明確にゾーニングしてチケットを販売する実証実験が実施されました。来シーズンはアプリで発行したワクチン接種証明書を利用できるかもしれません。

新型コロナワクチン接種証明書アプリを利用するには、iOS 13.7以上、Android 8.0以上のマイナンバーカードが読み取れる(NFC Type B対応)端末が必要です。

マイナンバーカードは、安全安心なデジタル社会の「パスポート」であり、社会全体のデジタル化を進めるための最も重要なインフラです。
マイナンバーカードと、健康保険証、運転免許証との一体化、希望者の公金受取口座の登録を進めるとともに、本人確認機能をスマートフォンに搭載することで、利便性を向上させます。
さらに、十二月二十日から、マイナンバーカードを使い、スマートフォンによって、国内外で利用できるワクチン接種証明書を入手できるようにします。

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています