ドコモ、900i/700iシリーズなどFOMAプラスエリア非対応機種が一部エリアで通信不可に

bio
Yusuke Sakakura

ドコモ、900i/700iシリーズなどFOMAプラスエリア非対応機種が一部エリアで通信不可に

ドコモが2001年から2006年にかけて発売したFOMAプラスエリア非対応の機種において2022年1月から一部エリアで通話・通信の利用ができなくなると案内している。

2001年にスタートした3GサービスFOMAについてはネットワーク設備の老朽化等に対応するため、設備の集約を進めていてこの影響によるものだという。

ドコモはお得なキャンペーンでスマホへの機種変更を推奨

ドコモは2GHz帯および800MHz帯の両方を利用できるFOMAにおいて、エリアの一部を順次800MHzのFOMAプラスエリアに変更し、2GHz帯を4Gおよび5Gで有効活用する予定。

これに伴い2001年から2006年に発売されたFOMAプラスエリア非対応の42機種が影響を受ける。

ドコモは対象機種を利用しているユーザーに対してお得な料金プラン「はじめてスマホ割(はじめてスマホプラン)」や特定の機種を購入すると機種代金を割引するお得なキャンペーン「はじめてスマホ購入サポート」を活用して4Gまたは5Gへの機種変更を推奨している。

FOMAプラスエリア非対応の42機種
  • N2001
  • P2101V
  • P2401
  • N2002
  • D2101V
  • SH2101V
  • T2101V
  • F2051
  • N2051
  • P2102V
  • N2701
  • P2002
  • F2102V
  • N2102V
  • F2402
  • P2402
  • F900i
  • N900i
  • P900i
  • SH900i
  • F900iT
  • P900iV
  • D900i
  • N900iS
  • F900iC
  • らくらくホン(F880iES)
  • N900iL
  • SH901iC
  • F901iC
  • N900iG
  • N901iC
  • D901i
  • P901i
  • F700i
  • SH700i
  • N700i
  • P700i
  • P901iTV
  • SIMPURE L(L600i)
  • SIMPURE N(N600i)
  • BlackBerry 8707h Handheld
  • SIMPURE L1(L601i)

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています