bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ドコモ、2画面スマホ「M」の発売日を2月下旬に。価格は実質2.6万円から

NTTドコモ

ドコモが2017-18冬春モデルとして発表した2画面スマートフォン「M Z-01K」を2月下旬に発売すると発表した。予約受付は1月12日(金)10:00からスタートする。

2画面スマホ「M」、のりかえなら実質2.6万円。キャンペーンも

「M Z-01K」の端末代金は92,664円、毎月の料金に割引を適用する月々サポートは新規契約・機種変更で購入すると-49,896円、のりかえ(MNP)で購入すると-66,096円となる。

端末代金から月々サポートを差し引いた金額は新規契約・機種変更が42,768円、のりかえが26,568円となる。なお、抽選で1,250人に最大10,000ポイントをプレゼントするキャンペーンが実施され、事前予約すると当選確率が2倍になる予約特典も提供される。

新規契約・機種変更のりかえ
端末代金92,664円
月々サポート-49,896円-66,096円
実質支払額42,768円
1,782円/月×24回
26,568円
1,107円/月×24回

ドコモオンラインショップで予約

“想像を超える。無限の可能性”

想像を超える。無限の可能性

2画面を搭載するスマートフォン「M Z-01K」は、2017-18冬春モデルの中でも最大のインパクトを与えたモデル。“想像を超える。無限の可能性”がテーマで「M」には“マルチ”の意味が込められている。

ボディは屏風のような折りたたみ式を採用。閉じたまま通常のスマートフォンとして利用したり、開くことで2つの画面に異なるアプリを起動する「2画面モード」、同じアプリを表示する「ミラーモード」、2枚の画面を1枚にする「大画面モード」の4モードが1台のスマートフォンで楽しめる。

「M Z-01K」は、ZTE製のスマートフォンだが、ドコモが企画してメーカーと共同開発を行った。グローバルモデルはAT&Tやボーダフォンなど世界中のキャリアから発売され、販売台数に応じてドコモにロイヤリティが入る仕組みだ。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhone XR

2018/11/19
Apple、新型iPhoneの生産数減を指示か。iPhone XRは三分の一に?

ニュース

2018/11/19
長い待ち時間が原因?WiFiに繋ぎたいスポット1位は「東京ディズニーリゾート」

スマホアプリ

2018/11/19
人気カメラアプリ「Foodie」に新フィルター“クレマ”が追加

NTTドコモ

2018/11/19
実質1万円、世界最薄・最軽量「カードケータイ」の発売日が11月22日に
Recommendこんな記事も読まれています