bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

1年遅れでようやく「FINAL FANTASY VII」のAndroid版が配信開始

スマホアプリ

1997年に発売され、全世界売上本数が1,100万本を超える不朽の名作FINAL FANTASY VIIのAndroid版がGoogle Playストアにて公開されました。

Android版「FINAL FANTASY 7」が配信、価格は1,800円

スマートフォン向け「FINAL FANTASY VII」は、2013年5月に発売されたPC向けの「FINAL FANTASY VII インターナショナル for PC」をリメイクした作品。昨年8月にiOS版が公開されていましたが、Android版は約1年遅れで本日リリースされました。

物語に追加・変更はありませんが、画面を邪魔しないシンプルなバーチャルコントローラや、エンカウントオン/オフ機能、いきなり最強になれるステータスMAX機能などスマートフォン向けに最適化されています。

1年遅れでようやく「FINAL FANTASY VII」のAndroid版が登場 1年遅れでようやく「FINAL FANTASY VII」のAndroid版が登場 1年遅れでようやく「FINAL FANTASY VII」のAndroid版が登場

注意事項として、アプリの容量が2GBで、ダウンロードには4GB以上の空き容量が必要になります。また、対応OSはAndroid 4.3以上で、動作確認端末はこちらのページで公開されています。

ストーリー

魔晄エネルギーを独占する企業「神羅カンパニー」は、今や世界の覇権をにぎっていた。 ある日、大都市ミッドガルで反体制組織アバランチによる魔晄炉の爆破事件が起きる。
元神羅カンパニー精鋭戦士『ソルジャー』の一員クラウドは、傭兵としてアバランチに手を貸していた。
この事件をきっかけにして、クラウドは星の未来をかけた戦いへと巻き込まれていく・・・

FINAL FANTASY VII

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

キャッシュレス

2018/12/11
スマホ決済の利用経験は45%〜「楽天Edy」がトップ、コード決済1位は「楽天Pay」に

セール

2018/12/10
終了まであとわずか、Amazonサイバーマンデーで売れたものトップ10

NTTドコモ

2018/12/10
ずっと毎月1,500円割引のdocomo with「AQUOS Sense2」を12月14日発売。価格は一括3.1万円

LINE

2018/12/10
LINE、京都市でキャッシュレス化を促進。年内にシェアバイクサービスも展開へ
Recommendこんな記事も読まれています