bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Firefox OSスマホ「Flame」にて日本語入力を可能にする方法

お役立ちコンテンツ

Firefox OS搭載スマホ「Flame」にて日本語入力を可能にする方法

今年夏に日本で発売されたFirefox OSを搭載したスマートフォン「Flame」には日本語入力アプリがインストールされておらず、日本語を入力することはできませんでしたが、ようやくオムロンソフトウェアより日本語入力アプリの「iWnn IME for Firefox OS」がリリースされました。

早速、インストールしてみたので、画像付きでわかりやすく「iWnn IME for Firefox OS」の導入手順を紹介したいと思います。

用意するもの

まずは、以下のリンク先からFirefox OS 2.0と日本語入力システムをダウンロードしましょう。


Android SDKのインストール方法についてはこちらのエントリーで詳しく紹介しています。

Firefox OS 2.0へのアップデート

Android SDKのインストールが環境したら、FlameをFirefox OS 2.0にアップデートしましょう。「iWnn IME for Firefox OS」は、Firefox OS 2.0がインストールされた環境でしか動作しません。

ダウンロードしたBase Image v188を解凍します。で、なぜかv188には「flash.sh」が含まれておらず、Macでベースイメージのアップデートができないので、まずはflash.batの拡張子をshに変更します。その後、ターミナルから「chmod +x flash.sh」を実行してファイルの実行権限を付与したあと、「./flash.sh」を実行します。

Windowsならファイルに手を加えずコマンドプロンプトを起動してflash.batを実行すればOKです。

すると、Flameのベースイメージが最新版に更新されて再起動します。

Nightlyビルドへの更新

今度は、最新版のビルドに更新します。

Nightlyビルドに更新する前の下準備として、Flameの設定画面にて「Device information」→「More Information」と進んで、

Developer Menuにチェックを入れましょう。

さらに、設定画面から「Developer」に進んで、「Disabled」をタップします。

「ADB and DevTools」を選んで「OK」をタップします。これで下準備は完了です。

以下のリンク先から「b2g-32.0.en-US.android-arm.tar.gz」と「gaia.zip」をダウンロードします。


Macなら以下のリンク先からshallow_flash.shをダウンロードしてgaia.zipと同じフォルダに保存します。


あとは、ターミナルを起動して「./shallow_flash.sh -g gaia.zip -G b2g-32.0.en-US.android-arm.tar.gz」を実行します。

Windowsなら以下のリンク先からshallow_flash.batをダウンロードしてダブルクリックで実行します。


すると、Flameのビルドが更新されて再起動するので、セットアップの画面で「日本語」を選択すると、Flameが日本語化されます。あとは通常通りセットアップを進めます。

iWnn IME for Firefox OS(試用版)をインストールする

iWnn IME for Firefox OSをインストールする前の下準備として、Flameの環境設定(設定画面)にて「端末情報」→「その他の情報」と進んで、

開発者メニューにチェックを入れましょう。

さらに、設定画面から「開発者」に進んで、「無効」をタップします。

「ADBとか開発ツール」を選んで「OK」をタップします。これで下準備は完了です。

まずは、iWnnServerをインストールするため、ダウンロードした「iWnn IME for Firefox OS」を解凍して、Windowsならinstall.bat、Macならターミナルからinstall.shを実行します。

今度は、以下のリンク先からFirefox(ブラウザ)をインストールします。

インストール後、アドレスバーに「about:config」を入力して、検索バーに「webide」を入力。さらに、「devtools.webide.enabled」の項目をダブルクリックして値をtrueに変更します。

メニューバーから「ツール」→「Web開発」→「WebIDE」をクリックします。

WebIDEが起動したら、「Select Runtime」をクリックして、「USB DEVICES」に表示されている項目名をクリックします。

Flameに以下のような警告が表示されるので「OK」をタップします。

さらに、WebIDEにて「Open App」→「Open Packaged App」をクリックします。

「keyboard-iwnn」を選んで「開く」をクリック。

実行ボタンをクリックすると、Flameに「iWnn IME for Firefox OS」がインストールされます。

Flameに以下のような画面が表示されるので、「セットアップ」をタップします。すると、フリックの感度やユーザー辞書の登録など各種設定が行えます。

あとは、Twitterなどの投稿画面にアクセスすると、Firefox OS標準のキーボードが表示されるので、「En…」をタップすると「iWnn IME for Firefox OS」で文字入力が可能になります。

関連記事:FlameのRAM容量を変更する方法
関連記事:「Flame」でスクリーンショットを撮る方法
関連記事:国内初のFirefox OSスマートフォン「Flame」が発売されたので早速購入しました!

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

AirPods

2018/08/15
AirPods、サードパーティのワイヤレス充電マットにも対応か

iPhoneの噂・最新情報

2018/08/14
新型iPhone、有機ELモデルは「Apple Pencil」に対応?Samsungに打撃か

NTTドコモ

2018/08/14
「dアカウント」で2段階認証を設定・解除する方法

セール

2018/08/14
最大2,000円オフ、プライムビデオも大画面で見れる「Fire TV」のお盆セール開催中
Recommendこんな記事も読まれています