iOS 15ベータ版をインストールする方法

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2021/06/08 19:15

iOS 15ベータ版をインストールする方法

Appleが日本時間6月8日に開催した開発者向けのイベントWWDC2021で、2021年秋に正式配信予定の「iOS 15」を先行発表しました。すでに開発者向けにはベータ版が公開されています。

早速、ベータ版の「iOS 15」をiPhoneにインストールしたので、画像付きでインストール手順を詳しく紹介します。なお、iOS 15の新機能・変更点はこちらの記事でまとめています。

目次

iOS 15の対応機種

ベータ版「iOS 15」をインストールできるiPhone/iPod touchは以下のとおりです。

iOS 15の対応機種
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro MaxiPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE (第2世代)
  • iPod touch (第7世代)

ベータ版は非常に動作が不安定でゲームアプリなどはまずプレイできないと思っておいた方が良いです。再起動や強制終了、フリーズなどを繰り返すこともあるため、日常的に使っているiPhoneやiPod touchにインストールすることはおすすめできません。

手元に対応機種がない場合や興味本位などでベータ版「iOS 15」を利用したいのであれば、安いiPod touchを購入するのがおすすめです。

iPhoneのバックアップを取る

iPhoneのバックアップを取る

ベータ版の「iOS 15」をインストールしてから「iOS 14」にダウングレードするとiPhoneが初期状態にリセットされます。

OSをダウングレードして元の状態に戻すにはiOS 14のバックアップが必要になるので、ベータ版をインストールする前にかならずバックアップを取っておきましょう。

バックアップの手順は以下の記事で詳しく解説しています。

Appleデベロッパープログラムに登録する

ベータ版の「iOS 15」は年額12,980円のデベロッパープログラム「Apple Developer Program」に登録している開発者に対して提供されています。

アプリを開発するデベロッパーでなくても同プログラムに登録するだけで開発者としてベータ版の「iOS 15」をダウンロードできます。

登録画面は英語表記ですが、以下の手順に従えば迷うことなく登録できると思います。

  1. STEP 1

    Apple Developerにアクセス

    Apple Developerにアクセスして「登録を開始する」をクリックします。

    Apple DeveloperにアクセスApple Developerにアクセス

  2. STEP 2

    Apple IDでサインイン

  3. STEP 3

    Apple Developerを登録

  4. STEP 4

    個人情報を入力

  5. STEP 5

    事業形態を選択

  6. STEP 6

    合意事項を確認

  7. STEP 7

    料金を確認

  8. STEP 8

    Apple IDでログイン

  9. STEP 9

    料金の支払い方法を選択

  10. STEP 10

    登録完了

  11. DONE

ベータ版iOS 15のインストール手順

Apple Developer Programの登録が完了したらいよいよベータ版「iOS 15」をiPhoneまたはiPod touchにインストールします。

ベータ版の導入方法はリストアイメージを使った方法とプロファイルを使った方法の2種類が用意されています。

リストアイメージを利用する場合はPCが必要になりますが、より早くベータ版「iOS 15」を導入できます。対してプロファイルを利用する場合はPC不要でベータ版「iOS 15」を導入できます。

プロファイルでかんたんにインストールする

  1. STEP 1

    Apple Developerにアクセス

    Apple Developer ProgramのダウンロードページにアクセスしてApple IDでログインします。

    Apple Developerにアクセス

  2. STEP 2

    Apple IDでサインイン

  3. STEP 3

    iOS 15のプロファイルを選択

  4. STEP 4

    プロファイルのダウンロード

  5. STEP 5

    プロファイルのインストール(1)

  6. STEP 6

    プロファイルのインストール(2)

  7. STEP 7

    プロファイルのインストール(3)

  8. STEP 8

    iPhoneを再起動する

  9. STEP 9

    iOS 15のダウンロード

  10. DONE

リストアイメージで高速インストール

ベータ版のXcodeをダウンロード

iOS 15ではXcodeのダウンロードは不要なようです

  1. STEP 1

    Apple Developerにアクセスする

    Apple DeveloperのダウンロードページにアクセスしてApple IDでログインします。

    Apple Developerにアクセスする

  2. STEP 2

    Xcodeをダウンロードする

  3. STEP 3

    Xcodeを解凍する

  4. STEP 4

    Xcodeを起動する

  5. STEP 5

    Xcodeをインストールする

  6. STEP 6

    Xcodeが起動したら完了

  7. DONE

リストアイメージをダウンロード

  1. STEP 1

    Apple Developerにアクセスする

    Apple DeveloperのダウンロードページにアクセスしてApple IDでログインします。

    Apple Developerにアクセスする

  2. STEP 2

    ベータ版iOS 15をダウンロードする

  3. STEP 3

    リストアイメージを表示する

  4. STEP 4

    iOS 15をインストールするiPhoneを選択

  5. STEP 5

    iPhoneをPCに接続する

  6. STEP 6

    iOS 15のリストアイメージを選択

  7. STEP 7

    iOS 15をインストールする

  8. STEP 8

    iOS 15のインストール完了を待つ

  9. DONE

ベータ版iOS 15からiOS 14に戻す

ベータ版のiOS 15は今年秋の正式リリースに向けて段階的に品質を上げていくため、リリース当初は動作がかなり不安定で意図しないタイミングで強制終了したり、異常な発熱が起きたり、電池消費が激しくなったりします。

再起動や強制終了、フリーズなどを繰り返すため日常生活で使っているiPhone/iPod touchにインストールすることはおすすめしません。万が一、戻したい場合は以下の記事を参考にしてiOS 14に戻してください。

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

誹謗中傷を含む場合は発信者情報開示請求します。

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています