「dアカウント」で2段階認証を設定・解除する方法

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2021/06/23 1:18

「dアカウント」で2段階認証を設定・解除する方法

2018年8月、ドコモオンラインショップに約1,800件の不正アクセスがあり、第三者に14万円台の「iPhone X」を不正購入される被害が約1,000件発生していたことが明らかになりました。

ドコモによれば、不正ログインは何らかの方法であらかじめ入手したIDとパスワードを使ってアクセスを試みる「リスト型攻撃」によるもので、パスワードを使いまわしたり、2段階認証を設定していなかった人が被害にあってしまったようです。不正ログインを受けてドコモは以前より推奨していた2段階認証を設定することを呼びかけています。

この記事ではdアカウントで2段階認証を設定・解除する方法に加え、不正購入されていないか確認する方法を解説します。

目次

2段階認証とは?

「2段階認証」は、その名前のとおり2回の認証をクリアしてようやくログインできる認証方式で、第三者による不正アクセス対策として非常に効果的です。

dアカウントの2段階認証は「セキュリティコード」と「アプリでログイン」(2018年8月20日から提供開始)の2種類。

いずれも1段階目は、dアカウントのIDとパスワードの入力が求められます。2段階目は、一定時間で自動変更され、一度しか使えない「セキュリティコード」を入力するか、事前に設定したスマートフォンアプリに表示されるログインの選択画面で「はい」を選択するとログインできます。

2段階認証とは?

2段階認証オン時のログイン画面

2段階認証を設定するとログインに手間がかかりますが、下記のとおり数十万円単位の不正購入の被害にあってしまった実例があるため、必ず設定しておきましょう。

不正アクセス・不正購入による被害報告

dアカウントで2段階認証を設定する

SMSによる2段階認証を設定する

dアカウントで2段階認証を設定する

dアカウントで2段階認証を設定する

アプリによる2段階認証を設定する

dアカウントで2段階認証を設定する

dアカウントで2段階認証を設定する

dアカウントで2段階認証を解除する

dアカウントで2段階認証を解除する

不正購入されていないか確認する

不正購入されていないか確認する

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています