bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Suicaのチャージ残額と定期券の期限は音でわかるって知ってた?設定方法を解説

お役立ちコンテンツ

Suicaのチャージ残額と定期券の期限は音でわかる。設定方法を解説

SuicaやPASMOなどの残額や定期券の期限は改札を通ったときの音声案内でわかるそうです。僕は知りませんでした。TBSの「林先生が驚く 初耳学!」で紹介されていたのを見て知りました。

ただ、デフォルトではこの音声案内機能はデフォルトでオフになっていて、カードタイプのSuicaや駅員さんに設定してもらう必要がありますが、モバイルSuicaは自分で設定ができるので、今回はモバイルSuicaで音声案内をオンにする方法を紹介します。

残額が1000円未満のときは「ピピピッ♪」、定期券が期限切れ間近のときは「ピピッ♪」

交通系電子マネーには、SuicaやPASMO、ICOCAなど色んな種類のカードがありますが、改札を通るときの音はある程度統一されているようです。(manacaはちょっと違うようです)

通常は「ピピッ♪」、残額が1000円未満のときは「ピピピッ♪」、残高不足で改札を通れないときは「ピーッ♪」、定期券の場合は音が違っていて、通常は「ピッ♪」、定期券が期限切れ間近(有効期限の14日以内)のときは「ピピッ♪」、通行不可や期間切れ、区間外のときは「ピーッ♪」と鳴るようです。

▼表にまとめるとこんな感じ

状態
チャージで利用通常時ピピッ♪
残額が1000円未満のときピピピッ♪
残高不足のときピーッ♪
定期券の利用通常時ピッ♪
定期券が期限切れ間近
(有効期限の14日以内)のとき
ピピッ♪
期間切れ、区間外のときピーッ♪

改札を通るときのディスプレイに残額や定期券ならば期限切れになる14日前から有効期限が表示されますが、新しい改札機だとディスプレイが手元にあって確認するのを忘れてしまうんですよね。音ならばすぐに気付けそうです。

モバイルSuicaで音声案内をオンにする方法

こういった音声案内は購入した直後は、いずれの交通系電子マネーでもオフになっていて、オンにするには駅員さんにお願いする必要があるようです。ただ、モバイルSuicaならば自分でも設定できるので設定方法を紹介しておきます。

モバイルSuicaのアプリを起動したら、「会員メニュー」→「サービス利用情報変更」と進みます。

Suicaのチャージ残額と定期券の期限は音でわかる。設定方法を解説 Suicaのチャージ残額と定期券の期限は音でわかる。設定方法を解説

「音声案内サービス利用設定」を選択して、「利用する」にチェックを入れたあとに「変更する」をタップすれば設定は完了です。

Suicaのチャージ残額と定期券の期限は音でわかる。設定方法を解説 Suicaのチャージ残額と定期券の期限は音でわかる。設定方法を解説

これで改札を通る時に音だけである程度の残額と定期券の有効期限がわかるようになります。ぜひお試しあれー!

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

セール

2018/11/18
24時間限定、Anker20製品が最大30%オフになる特選タイムセール

Kindleセール情報

2018/11/17
プログラミング入門本多数、40%オフの「翔泳社 ビジネス・IT書セール」がKindleストアで開催中

Kindleセール情報

2018/11/17
最大70%オフ、Kindleストアで「秋の雑学&教養本フェア」が開催中

Pixelの噂・最新情報

2018/11/17
低価格モデル「Pixel 3 Lite」の実機写真とスペック流出。イヤホン端子あり
Recommendこんな記事も読まれています