bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Origami Pay(オリガミペイ)の使い方を解説 始め方・使えるお店・支払い方法など

キャッシュレス

Origami Pay(オリガミペイ)の使い方 支払い方法など

「Origami Pay」(オリガミペイ)は、QRコードをスキャンしたり、スマートフォンアプリに表示されるQRコード/バーコードを見せるだけで支払いが完了する2016年5月にスタートした“老舗”のスマホ決済サービスです。

メリットは面倒なチャージが不要で、多くのOrigami Pay加盟店で支払い額から2%オフの特典があること。さらに、2018年12月から導入された吉野家では2018年12月31日まで牛丼並盛りが半額になる190円割引キャンペーンが実施されています。

この記事では「Origami Pay」の始め方や支払い方法、どういったお店で使えるかなどを解説しています。

目次

「Origami Pay」とは?

「Origami Pay」(オリガミペイ)は、日本でいち早くスタートしたスマホ決済サービスです。「支払いはOrigami Payで」と店員に伝え、専用のアプリでQRコード/バーコードを表示して店員にスキャンしてもらったり、店舗に掲示してあるQRコードを読み取るだけで品物の代金がカンタンに支払えます。

割引クーポンを適用して商品を決済したり、無料引き換えコードを利用したり、アプリからオンライン決済で商品を購入することも可能です。

支払いは専用のアプリから事前に登録した銀行口座やクレジットカードから引き落とされるため、面倒なチャージは不要。残高不足によってレジで手間取ることもありません。

Origami Payを利用できる店舗はケンタッキーフライドチキン、ロフト、吉野家、ローソン、ゼビオなど2018年度末に100,000店舗を目指しています。

キャンペーン: 年末まで吉野家の牛丼が半額に

年末まで吉野家の牛丼が半額に

2018年12月17日から12月31日まで吉野家では「Origami Pay」のキャンペーンを実施しています。

期間中にOrigami Payで代金を支払うと何度でも190円が割引されるというもの。380円の牛丼並盛りを半額、牛すき鍋膳並盛りを500円で食べることができます。なお、キャンペーンの適用には支払額が300円以上である必要があり、競馬場や競艇場など一部店舗では利用できません。

キャンペーンが終了する2019年1月1日以降は2%オフで支払いができます。

「Origami Pay」の始め方

アプリのダウンロード

Origami スマホ決済アプリ

ログインする

Origami Payを利用するにはメールアドレスまたはFacebookを利用したログインと携帯電話番号の登録が必要です。携帯電話番号はスマホ決済を安全に利用できるSMS認証で利用されます。

ここではメールアドレスでログインします。

メールアドレスでOrigami Payに登録

メールアドレス・携帯電話を入力

認証番号を入力

SMSで届いた認証番号を入力。メールアドレスを認証して登録完了

「Origami Pay」の使い方

銀行口座・クレカ/デビットカードを登録する

Origami Payではチャージは必要ありません。登録した銀行口座またはクレジットカード/デビットカードから支払われます。

銀行口座を登録する

銀行口座を登録する

銀行口座を登録する

クレジットカード/デビットカードを登録する

クレジットカードを登録する

クレジットカードを登録する

Origami Payで支払う

Origami Payでの支払い方法は「スキャン」と「バーコード」の2種類です。

「スキャン」は店舗に掲示してあるバーコードをスキャンして支払いができます。「バーコード」はアプリ上にQRコードとバーコードを表示して店員に読み取ってもらうことで支払いが完了します。吉野家ではバーコードを提示する方法で支払います。

「スキャン」で支払う

「スキャン」で支払う

「バーコード」で支払う

「スキャン」で支払う

「スキャン」で支払う

支払履歴・レシートを確認する

Origami Payで支払いが完了すると、すぐに登録したメールアドレスに決済明細書(レシート)が届くので不正利用がすぐに確認できます。また、アプリにも通知が届いてレシートが確認できます。

なお、返金には紙のレシートが必要になるので捨てずに保管しておきましょう。

支払履歴・レシートを確認する

キャンセル・返金する

間違って商品を購入した時のキャンセル・返金はOrigami Payの加盟店で手続きする必要があります。

自分がQRコードをスキャンして支払いした場合は、以下の方法で返金対象の支払い番号を提示してキャンセルの旨を伝えます。バーコードを提示して支払いした場合は購入時のレシート(紙)をレジで提示する必要があります。

返金のタイミングは既に決済金額が引き落とされている場合は、翌月または翌々月でカード会社によって返金日が異なります。締め日より前にキャンセル・返金された場合は引き落とされません。

キャンセル・返金する

対応店舗を確認する

Origami Payの対応店舗は以下のとおり(2018年度末の見込み)です。

対応店舗を確認する

出典元:Origami Pay

また、近くのOrigami Payが対応店舗はアプリから確認できます。

近くのOrigami Pay対応店舗を確認する

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

楽天モバイルネットワーク

2019/03/20
更新:総務省、新規参入の楽天を優遇か 分離プラン義務化の対象外に?

iPad

2019/03/20
新しいiPad mini/iPad Airの価格・料金を比較 最も安いキャリアは?

Appleニュース

2019/03/20
Apple、ワイヤレス充電器「AirPower」をようやく発売か〜早ければ来週にも?

iPod

2019/03/20
Apple、新型「iPod touch」をきょう発表か
Recommendこんな記事も読まれています