Hulu、一時的に課金請求を停止するアカウント休止機能を1月31日で提供終了

bio
Yusuke Sakakura

Hulu、一時的に課金請求を停止するアカウント休止機能を1月31日で提供終了

月額933円で動画見放題サービスの「Hulu(フールー)」は、2016年1月31日をもって「アカウントホールド」機能の提供を終了すると案内しています。

Hulu、「アカウントホールド」の提供を終了

Huluの「アカウントホールド」機能は、1週間〜12週間までアカウントを一時的に保留状態にするもの。保留状態になると、Huluにログインはできるものの動画の視聴が不可になり、設定した保留期間分だけ請求予定日を後ろにズラすことができました。

Hulu、一時的に課金を停止するアカウント休止機能を1月31日で提供終了

保留期間中は利用料金が請求されず、長期の休みや出張などでHuluを長期的に利用できない場面を想定して提供されていましたが、1月31日で提供終了となります。1月31日までに設定したアカウントホールドは有効、2月1日以降は新規設定が不可になるとのこと。

昨年は、AmazonプライムビデオやNetFlixなどが動画見放題サービスに本格参入し、新規ユーザー向けに無料利用期間を設けていたことから利用した人も多いのではないでしょうか。

なお、Huluでは大晦日に放送された『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 絶対に笑ってはいけない名探偵24時!』を1月15日まで期間限定で配信中。これまでに放送された過去11回分の笑ってはいけないシリーズに加え、罰ゲーム企画2作品が独占配信されています。

2週間の無料期間中でも視聴可能なのでお早めにどうぞ。笑ってはいけないシリーズでは「ハイスクール」「湯河原」「温泉旅館」がオススメ、1月10日(日)に配信がスタートする「鬼ごっこ」と「廃旅館」も名作です

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています