Instagram、Apple ProRAWに対応。編集機能はなし

bio
Yusuke Sakakura

Instagram、Apple ProRAWに対応。編集機能はなし

今週15日にAppleが公開したiOS 14.3で、RAWの良さを維持しつつ、通常のRAWでは無効化されるDeep FusionやスマートHDRまで扱える新しい画像フォーマット「Apple ProRAW」に対応した。

現在はiPhone 12とiPhone 12 Pro Maxでのみ撮影が可能。各アプリも対応が必要になるがインスタグラムが制限付きながら対応を済ませた。

インスタグラムでProRAW写真の投稿が可能に

インスタグラムでiOSアプリの開発を手がかるTim Johnsenが15日からApple ProRAWに対応したことを明らかにした。

ただし、肝心のApple ProRAWの編集機能はなく、DNG形式の写真はJPEG形式に圧縮される。Apple ProRAWで撮影した写真は1枚約25MBもあるためJPEGに圧縮されるのは当然のことだ。これまでApple ProRAWで撮影した写真は選択することすらできなかったが、今回の対応によってアップロードが可能になったということになる。

なお、Tim Johnsenはインスタグラムにアップする前に、DarkroomなどのアプリでApple ProRAWで撮影した写真を編集してからインスタグラムにアップすることを推奨している。

Apple ProRAWとは何なのか、撮影する方法や編集、共有する方法は以下の記事でどうぞ。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています