ランチタイムに役立つ、iOS版「Googleマップ」が混雑状況の表示に対応

bio
Yusuke Sakakura

ランチタイムに役立つ、iOS版「Googleマップ」が混雑状況の表示に対応

GoogleがiOS版「Googleマップ」アプリの最新版となるバージョン4.27.0をAppStoreで公開しました。

今回のアップデートで人気のお店やスポットのリアルタイムでの混み具合と、訪問者の平均滞在時間が表示されるようになりました。

Googleマップで混雑状況、滞在時間を確認する方法

Live Photosの設定を常にオフにする方法

店舗の混雑具合を確認するには店舗名で検索して画面下部に表示されるカードをタップします。

Live Photosの設定を常にオフにする方法

店舗情報が表示されるので下にスクロールします。

Live Photosの設定を常にオフにする方法

すると、混雑する時間帯がグラフで表示されます。
リアルタイムの混雑具合は「ライブ」バッジのとなりに表示される“それほど混んでいません”などのステータスから確認できます。
さらに、グラフの下には“平均滞在時間は最大X.X時間です”といったメッセージで平均滞在時間が表示されます。

なお、Android版のGoogleマップには既に同機能が提供されているほか、ウェブ版のGoogleで店舗名を検索すると同じように混雑状況を確認することができます。

Google マップ - ナビ、乗換案内

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています