bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ランチタイムに役立つ、iOS版「Googleマップ」が混雑状況の表示に対応

スマホアプリ

iOS版「Googleマップ」で混雑状況のリアルタイム確認が可能に

GoogleがiOS版「Googleマップ」アプリの最新版となるバージョン4.27.0をAppStoreで公開しました。

今回のアップデートで人気のお店やスポットのリアルタイムでの混み具合と、訪問者の平均滞在時間が表示されるようになりました。

Googleマップで混雑状況、滞在時間を確認する方法

Live Photosの設定を常にオフにする方法

店舗の混雑具合を確認するには店舗名で検索して画面下部に表示されるカードをタップします。

Live Photosの設定を常にオフにする方法

店舗情報が表示されるので下にスクロールします。

Live Photosの設定を常にオフにする方法

すると、混雑する時間帯がグラフで表示されます。
リアルタイムの混雑具合は「ライブ」バッジのとなりに表示される“それほど混んでいません”などのステータスから確認できます。
さらに、グラフの下には“平均滞在時間は最大X.X時間です”といったメッセージで平均滞在時間が表示されます。

なお、Android版のGoogleマップには既に同機能が提供されているほか、ウェブ版のGoogleで店舗名を検索すると同じように混雑状況を確認することができます。

Google マップ - ナビ、乗換案内

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

NTTドコモ

2018/12/10
ずっと毎月1,500円割引のdocomo with「AQUOS Sense2」を12月14日発売。価格は一括3.1万円

LINE

2018/12/10
LINE、京都市でキャッシュレス化を促進。年内にシェアバイクサービスも展開へ

Pixelの噂・最新情報

2018/12/10
Pixel 3 Lite/Pixel 3 XL Liteのレンダー画像登場。両機種ノッチなしに

スマホアプリ

2018/12/10
ポケモンGO、新しい対戦機能「トレーナーバトル」はレベル40から順次解禁に
Recommendこんな記事も読まれています