bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

配信から約1ヶ月、iOS 10のシェアは54%に。iOS 9に比べて微減

iOS 10

配信から約1ヶ月、iOS 10のシェアは54%に。iOS 9に比べて微減

アップルが2016年10月7日時点のiOSのバージョンシェアを公開しました。

iOS 10の配信後から初となるバージョンシェアでは54%を記録。iOS 9の38%を上回ったものの、同期比では微減となっています。

iOS 10のシェア、昨年同期比でiOS 9に微減

アップルが公開した10月7日時点のiOSのバージョンシェアによると、iOS 10が54%、iOS 9が38%、その他が8%になったとのこと。

昨年10月5日時点でのバージョンシェアはiOS 9が57%、iOS 8が33%、その他が10%を記録。リリースから計測日までの期間はiOS 10が数日長くなったものの、シェアとしては微減となりました。

これまで他社の調査結果ではiOS 10のシェアが66%を記録し、既に2/3が利用しているという報道もありましたが、アップル公式の発表とはかけ離れた数値となっていたようです。

なお、アップルが公開しているバージョンシェアはAppStoreにアクセスしたiOSデバイスのデータを元に算出・計測したものです。

iPhone 7 / 7 Plusの在庫薄が原因ではない?

「iOS 10」のシェアが伸びなかった原因としてiPhone 7 / 7 Plusの在庫薄が挙げられますが、過去の例で新型iPhoneの発売に伴ってシェアが急激に伸びたということはないので在庫薄による影響は大きくはないでしょう。昨年のiOS 9ではiPhone 6s / 6s Plus発売後のシェアは5%の伸びに留まりました。

最大のアップデートとして提供されながら大きな変化または魅力的なアップデートではなかったことが原因なのかもしれません。

ヒント
無料

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Amazon

2019/03/21
ついに第10世代目 低価格「Kindle」がフロントライト搭載で新登場

AirPods

2019/03/21
何が変わった?新しい第2世代「AirPods」と第1世代の違いを比較

AirPods

2019/03/20
速報:新型「AirPods」が登場。ワイヤレス充電とHey Siriに対応、遅延も30%改善

楽天モバイルネットワーク

2019/03/20
更新:総務省、新規参入の楽天を優遇か 分離プラン義務化の対象外に?
Recommendこんな記事も読まれています