新型iPad Pro(2021)、M1チップでベンチマーク50%向上。インテル版MacBook Pro上回る

bio
Yusuke Sakakura

新型iPad Pro(2021)、M1チップでベンチマーク50%向上。インテル版MacBook Pro上回る

今月発売されるiPadシリーズ初のM1チップを搭載した新型iPad Pro(2021)は、AppleいわくA12Z Bionicを搭載した前世代のモデルに比べて処理性能が最大50%高速、グラフィックス性能も最大40%高速化されていて“どんなタブレットよりも高速”になっている。

今回判明した最新のiPad Proのベンチマークスコアによればそれ以上のパフォーマンスを持っているようだ。

M1 MacBook Air/Proに匹敵するCPU性能

GeekBenchで記録された12.9インチ iPad Pro(2021)平均のベンチマークスコアは、シングルコアが1,719ポイント、マルチコアが7,326ポイントを記録。同じM1チップを搭載したMacBook Airとほぼ変わらず、Intel Core i9を搭載MacBook Proを大きく上回る。

1つ前の世代の12.9インチ iPad Pro(2020)が記録したシングルコア1,121ポイント、マルチコアが4,656ポイントと比較してもM1チップを搭載した最新のiPad Proはシングルコア・マルチコアともに50%以上も性能が改善されていてAppleの説明通りの性能アップが実現しているようだ。

それ以上に大きな性能アップを遂げたのはゲームやAR、クリエティブなPro向けの利用で重要なグラフィックスの性能。Metalスコアで20,578ポイントを記録するなどiPad Pro(2020)に比べて73%も向上するなどこれまでのiPadを寄せ付けないスコアとなっている。

チップシングルコアマルチコアグラフィック(METAL)
iPad Pro(2021)M11,7197,32620,578
iPad Pro(2020)A12Z1,1214,65611,875
iPad Air(2020)A14 Bionic1,5854,21412,488
MacBook Air(2020)M11,7017,378
MacBook Pro(2020)M11,7027,362
MacBook Pro(2020)Core i71,2354,501
MacBook Pro(2019)Core i91,0916,845

昨年発売されたiPad AirはA14 Bionicチップを搭載することでPro並みの性能を実現し、iPad Proの性能が見劣りしていたが、M1チップを搭載した最新モデルは群を抜いたパフォーマンスでMacBookシリーズにも匹敵するパワーを持っているようだ。

Appleが5月21日以降に出荷を開始するiPad Pro(2021)は、チップの高速化以外にも超高速通信の5Gや史上最速のThunderbolt / USB 4対応のUSB-C端子を搭載するなど大幅なスピードアップが図られている。

オンラインショップで購入

docomo

SoftBank

au

Apple

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています