Apple、iPhone 11の無償修理プログラム発表。タッチ操作できない不具合

iPhone 11

Apple、iPhone 11の無償修理プログラム発表。タッチ操作できない不具合

Appleが「タッチの問題に対する iPhone 11 ディスプレイモジュール交換プログラム」を発表した。

2019年に発売したごく一部の「iPhone 11」において画面がタッチ操作に反応しなくなる可能性が判明。不具合・問題が確認された端末は無償で修理する。

無償修理プログラムの適用は2021年9月20日まで

Appleによると「iPhone 11」のディスプレイモジュールの不具合によってディスプレイがタッチに反応しなくなる可能性があるとのこと。

問題が確認されているのは2019年11月から2020年5月までの間に製造されたデバイス。プログラムの対象となった場合はApple StoreまたはApple正規サービスプロバイダにて無償修理サービスを実施する。

今回の無償修理プログラムは最初の小売販売日から2年間適用の期限付き。日本では2021年9月20日までとなるため、不具合と対象期間に製造されたことを確認したらすぐに修理を申し込もう。

交換プログラムを利用する場合は、専用サイトでiPhone 11のシリアル番号を入力してプログラムの対象であるかを確認し、Apple正規サービスプロバイダおよびApple Storeの来店予約を行う。

バックアップを取ってから予約した店舗に問題が発生しているiPhone 11を持ち込み、実機検査が行われて適用対象であることが確認されると無償で修理が受けられる。

なお、画面割れなど修理に支障をきたす損傷がある場合は、優先して修理する必要があり、場合によっては別途修理料金がかかることがある。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iOS

2021/04/22
iPadOS 15、ホーム画面を大幅アップデートか

iPhone

2021/04/22
楽天モバイル、iPhoneに正式対応。iPhone 6sも対応機種に

iPhone 12

2021/04/22
楽天モバイルのiPhoneはSIMフリー。最大2万円還元も

iPhone 12

2021/04/22
速報:楽天モバイルがiPhone発売。価格はキャリア最安値に
Recommendこんな記事も読まれています