iPhone 11シリーズ、双方向ワイヤレス充電搭載もiOSで制限か

bio
Yusuke Sakakura

iPhone 11シリーズ、双方向ワイヤレス充電搭載もiOSで制限か

数ヶ月前に搭載が噂されながら、iPhone 11シリーズの発表直前で見送りが報じられた双方向のワイヤレス充電機能。

AppleロゴにAirPodsやApple Watchを置くだけでiPhoneがワイヤレス充電器代わりになる注目の機能だったが、残念ながら実現することはなかった。しかし、機能自体はデバイス内に搭載されながらiOSで制限されているようだ。

充電効率が基準を満たさず搭載見送り?

AppleリーカーのSonny Dicksonが信頼できる筋から得た情報によると、iPhone 11シリーズには双方向のワイヤレス充電のために必要なハードウェアが搭載されているものの、ソフトウェアによって無効化されているという。

Appleが同機能を落とした理由については“充電効率がAppleの基準を満たさなかった”と報じられているが、発表のギリギリまでソフトウェアの調整していたものの解決できずに断念したのかもしれない。

OSアップデートによる機能追加を予定していて今も調整していることを願いたいが、U1チップと超広帯域テクノロジーによるデータ共有機能「AirDrop」のアップグレードが9月30日にリリース予定の「iOS 13.1」で実施されることや新しいカメラ機能「ディープフュージョン」がこの秋登場などと追加予定の機能もすでに発表されていることから、双方向ワイヤレス充電が近いうちに追加されることはなさそうだ。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています