bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

どれを買う?iPhone 11・Pro・Pro Maxの違いを比較

iPhone 11

どれを買う?iPhone 11・Pro・Pro Maxの違いを比較

9月11日、2019年の新型iPhoneとして「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」の3機種が発表されました。

発表からわずか2日後の9月13日(金)21時から予約受付がスタートしますが、どのiPhoneを購入するか迷っている人も多いはず。この記事では「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」の3機種にどういった違いがあるのか比較・解説します。

目次

サイズ

iPhone 11・11 Pro・11 Maxの違いを比較 - サイズ

「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」はサイズが大きく異なります。注意すべきなのは「iPhone 11 Pro」よりも「iPhone 11」の方が大きいということ。

片手で難なく操作ができるのは5.8インチディスプレイの「iPhone 11 Pro」のみ。6.1インチディスプレイの「iPhone 11」でも片手操作は難しいです。巨大な6.5インチディスプレイの「iPhone 11 Pro Max」は難しいというレベルではなく片手操作は無理と言った方が正しいでしょう。自分はあまりの大きさに耐えきれず、返品・交換の期間内にiPhone XS MaxからiPhone XSに交換しました。iPhone XやiPhone XS、iPhone 8からの買い替えを考えている人は慎重に考えましょう。

各機種のサイズは「iPhone 11」がiPhone XRとまったく同じ。「iPhone 11 Pro」はiPhone XSとほぼ同じ、「iPhone 11 Pro Max」がiPhone XS Maxとほぼ同じなのでサイズで迷っているならApple Storeなどで実際に触ってサイズ感を確認することをオススメします。

ちなみに、ボディの重さは「iPhone 11 Pro」はiPhone XSから+11g、「iPhone 11 Pro Max」は+18gも重くなり、ぶっちぎりでiPhone史上最重量です。

iPhone 11iPhone 11 ProiPhone 11 Pro Max
150.9mm144.0mm158.0mm
75.7mm71.4mm77.8mm
厚さ8.3mm8.1mm8.1mm
重さ194g188g226g
片手操作X

デザイン・カラー

iPhone 11iPhone 11 Pro/ProMax
左:iPhone 11、右:iPhone 11 Pro/ProMax

ノッチ付きベゼルレス、メタル製のフレーム、ガラス製のバックパネルは今年も変わらず、iPhone 11シリーズで統一されています。

小さな変化としてバックパネルにプリントされたAppleロゴがやや下に移動して中央に配置され、“iPhone”の文字が消えたことでスッキリした印象になりました。カメラの形状は縦長のだ円から四角に変化。面積も増えたことでカメラの存在感はより強くなっています。

iPhone 11・11 Pro・11 Maxの違いを比較 - デザイン

ボディの素材は「iPhone 11」がアルミニウムに対して「iPhone 11 Pro」と「iPhone 11 Pro Max」は医療機器と同じグレードのステンレススチールを採用。見た目は光り輝くステンレススチールが優れていますが、アルミニウムに比べて小キズが付きやすいといった弱点もあります。

iPhone 11・11 Pro・11 Maxの違いを比較 - デザイン

違いはバックパネルにも。「iPhone 11」は光沢感のあるガラスを使用していますが、「iPhone 11 Pro」と「iPhone 11 Pro Max」はテクスチャードマットガラスを採用。どちらも“スマートフォンの中で最も頑丈な”ガラスを採用していて落とした時の割れに対しても強くなっています。

UPDATE:2019/10/21 14:30初出時、スペシャルイベントの発表内容に合わせて、iPhone 11 Proシリーズに最も頑丈なガラスが採用されていると記述していましたが、その後発行されたプレスリリースには両機種に最も頑丈なガラスが使用されていると書かれていたことから内容を変更しています。END OF UPDATE

カラーは「iPhone 11」がイエロー、ブラック、ホワイト、(PRODUCT) REDに新色パープルとグリーンを加えた6色をラインナップ。「iPhone 11 Pro」と「iPhone 11 Pro Max」はシルバー、スペースグレイ、ゴールドに新色ミッドナイトグリーンを加えた4色から選べます。

iPhone 11iPhone 11 ProiPhone 11 Pro Max
ボディアルミニウムステンレススチールステンレススチール
ガラスガラステクスチャードマットガラステクスチャードマットガラス
カラーホワイト/ブラック/イエロー/(PRODUCT) RED/グリーン/パープルミッドナイトグリーン/シルバー/スペースグレイ/ゴールドミッドナイトグリーン/シルバー/スペースグレイ/ゴールド

ディスプレイ

iPhone 11・11 Pro・11 Maxの違いを比較 - ディスプレイ

「iPhone 11」が液晶のLiquid Retina HDディスプレイを採用する一方で、「iPhone 11 Pro」と「iPhone 11 Pro Max」は、有機ELのSuper Retina XDRディスプレイを採用しています。

“iPhone史上最高”を謳うSuper Retina XDRディスプレイは、iPhone XS/iPhone XS MaxのSuper Retina HDディスプレイに比べてコントラスト比が2倍、最大の明るさは約30%、エネルギー効率も15%アップしたことで電池持ちも改善。

Liquid Retina HDディスプレイは“業界最先端で最も正確な色を反映する”として昨年のiPhone XRから採用されていますが、Super Retina XDRディスプレイと比べるとコントラスト比は桁違い、解像度にも大きな違いがあります。

以下は同じ画像を液晶のLiquid Retina HDディスプレイと有機ELのSuper Retina HDディスプレイで表示したもの。見てのとおり色のメリハリ、精細さなどでSuper Retina HDディスプレイが勝っています。Liquid Retina HDディスプレイはベゼルの太さも気になるところです。

iPhone 11・11 Pro・11 Maxの違いを比較 - ディスプレイ

画面を深くプレスすることでLINEのメッセージを既読を付けずに読めるなど便利な機能を利用できた3D Touchには3機種とも非対応。代わりにiPhone XRで初めて搭載されたHaptic Touchを採用しています。

Haptich Touchは、3D Touchのように“深くプレス”する感触を得ることはできず、機能も制限されていましたが、iOS 13で大幅に拡充されます。

iPhone 11iPhone 11 ProiPhone 11 Pro Max
画面サイズ6.1インチ5.8インチ6.5インチ
方式Liquid Retina HDディスプレイ
(液晶)
Super Retina HDディスプレイ
(有機EL)
Super Retina XDRディスプレイ
(有機EL)
解像度1,792 x 828ピクセル2,436 x 1,125ピクセル2,688 x 1,242ピクセル
コントラスト比1,400:12,000,000:12,000,000:1
HDR
プレスHaptic TouchHaptic TouchHaptic Touch

カメラ、Face ID

iPhone 11・11 Pro・11 Maxの違いを比較 - カメラ

「iPhone 11 Pro」と「iPhone 11 Pro Max」は、シリーズ史上初めてトリプルカメラシステムを搭載。

広角レンズとズーム撮影でも画質が大幅に劣化しない光学2倍ズームに対応した望遠レンズに加えて、2倍のズームアウトが可能な超広角レンズが追加されました。

iPhone 11 Proの超広角レンズで撮影

iPhone 11 Proの超広角レンズで撮影

ワンタッチで超広角レンズに切り替えて景色をダイナミックに撮影したり、狭い部屋では最大4倍も広く写真/動画の撮影が可能。秋には9枚の写真を合成して高解像度の写真を撮影する新機能「ディープフュージョン」にも対応します。

iPhone 11・11 Pro・11 Maxの違いを比較 - カメラ

ディープフュージョン

「iPhone 11」は、広角レンズと超広角レンズから構成されるデュアルカメラシステムを搭載。iPhone XRでは不可能だった人物以外(ペット)のポートレート撮影が可能になりました。

3機種とも複数の画像を合成してブレを補正し、コントラストの調整やノイズを除去することで暗い店内など明るさが足りない場所でもキレイに撮影できる「ナイトモード」やシャッターボタンを長押しするだけで写真モードのまま動画が撮影できる「クイックテイク」といった新しいカメラ機能が利用できます。

ナイトモードオフナイトモードオン

フロントのTrueDepthカメラは、7メガピクセルから12メガピクセルにグレードアップ。Face IDの認証スピードが30%も高速化され、より遠くからより広い角度で顔を認識できると説明されています。

iPhone 11iPhone 11 ProiPhone 11 Pro Max
メインカメラデュアル12MPカメラ(超広角と広角
超広角:ƒ/2.4絞り値、広角:ƒ/1.8絞り値
光学式手ぶれ補正
2倍の光学ズームアウト、最大5倍のデジタルズーム
トリプル12MPカメラ(超広角、広角、望遠)
超広角:ƒ/2.4絞り値、広角:ƒ/1.8絞り値、望遠:ƒ/2.0絞り値
デュアル光学式手ぶれ補正
2倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、最大10倍のデジタルズーム
Face ID30%高速化、より遠くから、より広い角度で認識可能に

電池持ち・バッテリー

iPhone 11・11 Pro・11 Maxの違いを比較 - バッテリー

スマホの不満点、購入するときに重要視する項目で上位にあげられる電池もちとバッテリー。

電池持ちは“iPhoneの中で最長”と表現されているようにボディサイズが大きく大容量バッテリーを搭載できる「iPhone 11 Pro Max」が最も良く、次に「iPhone 11 Pro」、僅差で「iPhone 11」の順番です。

「iPhone 11」が採用する液晶のLiquid Retina HDディスプレイでは、端末内部のバックライトが常に点灯するのに対して、「iPhone 11 Pro」と「iPhone 11 Pro Max」が採用する有機ELのSuper Retina XDRディスプレイは黒い部分が発光しないため、iOS 13で追加されたダークモードを利用することによって電池もちがさらに向上します。

PhoneBuffがダークモードをオン/オフした状態の2台のiPhoneでメッセージアプリやGoogleマップのナビ機能、YouTubeの動画視聴などを実施して比較検証したところ、開始から7時間30分でダークモードオフにしたiPhone XS Maxは電池が切れたものの、ダークモードをオンにしたiPhone XS Maxは30%もバッテリーが残っていたことがわかっています。

ちなみに、バッテリーを充電できる電源アダプタとケーブルは、「iPhone 11 Pro」と「iPhone 11 Pro Max」には30分で最大50%充電可能な「USB-C – Lightningケーブル」と「18W USB-C電源アダプタ」が同梱されていますが、「iPhone 11」はこれまでと同じ5Wの電源アダプタで高速充電を利用するには別途アクセサリを購入する必要があります。

iPhone 11iPhone 11 ProiPhone 11 Pro Max
比較iPhone XRより
最大1時間長い電池持ち
iPhone XSより
最大4時間長い電池持ち
iPhone XS Maxより
最大5時間長い電池持ち
ビデオ再生17時間18時間20時間
オーディオ再生65時間65時間80時間
高速充電30分で最大50%の充電可能
同梱物Lightning – USBケーブル、5W USB電源アダプタUSB-C – Lightningケーブル、18W USB-C電源アダプタUSB-C – Lightningケーブル、18W USB-C電源アダプタ
ワイヤレス充電

パフォーマンス

iPhone 11・11 Pro・11 Maxの違いを比較 - パフォーマンス

シーンの識別、画像の合成、補正、ノイズ低減、4K・60fpsなど瞬時に高い処理能力が必要なデュアルおよびトリプルカメラシステムですが“スマートフォンの中で最も高速”な「A13 Bionic」チップが解決します。

3機種ともにA12 Bionicに比べて最大20%高速化された処理性能、最大20%高速化された描画性能とニューラルエンジン、最大40%の低消費電力化、新たにCPU用の機械学習アクセラレータを搭載することでCPUは毎秒1兆回超の演算処理を実現。カンタンに言えば、1年前のiPhoneと比べてもすごく速くて賢くなったということです。

なお、メモリの容量は3機種すべて4GBで違いはありません。

防水

iPhone 11・11 Pro・11 Maxの違いを比較 - 防水

3機種ともにIP68等級の防水・防塵に対応しています。ただし「iPhone 11」が水深2メートルで最大30分間耐えられるのに対して「iPhone 11 Pro」と「iPhone 11 Pro Max」は水深が2倍の4メートルに対応しています。

iPhone 11iPhone 11 ProiPhone 11 Pro Max
防水等級IP68IP68IP68
目安水深2メートルで最大30分間水深4メートルで最大30分間水深4メートルで最大30分間

販売価格・ストレージ

iPhone 11・11 Pro・11 Maxの違いを比較 - 販売価格・ストレージ

ストレージは「iPhone 11」が64GB/128GB/256GBの3種類。「iPhone 11 Pro」と「iPhone 11 Pro Max」は、64GB/256GB/512GBの3種類をラインナップします。価格は以下のとおりです。

iPhone 11

64GB128GB256GB
端末価格負担金端末価格負担金端末価格負担金
docomo¥87,120新:¥58,080
変:¥58,080
の:¥43,424
¥95,040新:¥63,360
変:¥63,360
の:¥48,704
¥106,920新:¥71,280
変:¥71,280
の:¥56,624
au¥82,405¥28,485¥87,805¥31,245¥99,900¥37,340
SoftBank¥82,800新:¥41,400
変:¥38,760
の:¥41,400
¥87,840新:¥43,920
変:¥41,280
の:¥43,920
¥100,080新:¥50,040
変:¥47,400
の:¥50,040
Apple¥71,280¥76,780¥88,880

iPhone 11 Pro

64GB256GB512GB
端末価格負担金端末価格負担金端末価格負担金
docomo¥126,720新:¥84,480
変:¥84,480
の:¥69,824
¥142,560新:¥95,040
変:¥95,040
の:¥80,384
¥166,320新:¥110,880
変:¥110,880
の:¥96,224
au¥117,515¥46,195¥135,140¥54,820¥159,330¥67,010
SoftBank¥118,080新:¥59,040
変:¥56,400
の:¥59,040
¥135,360新:¥67,680
変:¥65,040
の:¥67,680
¥159,840新:¥79,920
変:¥77,280
の:¥79,920
Apple販売終了販売終了販売終了

iPhone 11 Pro Max

64GB256GB512GB
端末価格負担金端末価格負担金端末価格負担金
docomo¥138,600新:¥92,400
変:¥92,400
の:¥77,744
¥158,400新:¥105,600
変:¥105,600
の:¥90,944
¥182,160新:¥121,440
変:¥121,440
の:¥106,784
au¥131,965¥53,325¥149,465¥62,065¥173,660¥74,140
SoftBank¥132,480新:¥66,240
変:¥63,600
の:¥66,240
¥149,760新:¥74,880
変:¥72,240
の:¥74,880
¥174,240新:¥87,120
変:¥84,480
の:¥87,120
Apple販売終了販売終了販売終了

iPhone 11シリーズ、どれを買う?

オンラインショップで購入

docomo

SoftBank

au

Apple.com/JP

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

セール

2020/11/28
30%オフ、スマホで家電操作「Nature Remo」がAmazonブラックフライデーに登場

セール

2020/11/28
Amazonブラックフライデー、microSDカードが安い。512GBは過去最安値

ニュース

2020/11/27
総務大臣、携帯料金値下げでKDDI社長に猛反論「どういうサービスを提供すべきか常識でわかると思う」

セール

2020/11/27
4,990円、ワイヤレスイヤホン「BeatsX」が最安値タイのセール中
Recommendこんな記事も読まれています