bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhone 11、USB-C採用せずカメラは超広角レンズ搭載か

iPhoneの噂・最新情報

iPhone 11、USB-C採用せずカメラは超広角レンズ搭載か

今年9月に発表・発売が予想されているAppleの次期スマートフォン「iPhone 11」シリーズ(仮称)

ここ最近は1年飛び越えて2020年発売のiPhoneに関する噂が多くなっていたが、実際にiPhone 11を見た主張する人物からの情報が報じられた。

iPhone 11を実際に見たという人物からの情報

9to5Macが実際にデバイスを見たという人物からの情報として3機種の「iPhone 11」シリーズについて報じた。

各モデルの内部名と識別子も明らかになっている。

新チップセット「Apple A13」

「iPhone 11」の3機種すべてにコードネームCebu、モデル名T8030の「A13」チップが搭載されるという。パフォーマンスがどれほどアップするかはわからないが、トレンドを考慮すれば、機械学習などAI用コアのパフォーマンスアップは期待できそうだ。

Lightning端子を継続搭載

ベータ版のiOS 13では、復元画面にUSB-Cが表示され、iPhone同士を有線で直接繋いで高速なデータ転送が実現するとみられていることから、iPad ProがUSB-Cを採用したように、iPhoneもUSB-Cを採用するという噂もあった。しかし、残念ながらLightning端子が引き続き搭載されるとのこと。

進化したTaptic Engine「leal haptics」

ディスプレイはiPhone XS/XS Maxの後継機が有機EL、iPhone XRの後継機が液晶を継続採用するという。実解像度も変わらない。

iPhone 6sシリーズで始めて搭載されたバイブレーション機能を担う「Taptic Engine」は進化した「leap haptics」に置き換わる。どういった性能や機能の進化があるかは不明だが、iPhone XRに搭載されている「Haptic Touch」を改善、進化させたものになりそうだ。

これまでに報じられているとおり3D Touchは廃止になると見られている。

待望の超広角レンズを搭載

すでに報じられているようにiPhone XS/iPhone XS Maxの後継機にはトリプルカメラが搭載される。

既存のモデルに搭載されている広角レンズと劣化のない光学2倍ズーム撮影が可能な望遠レンズに加えて、GoProのような広い画角で写真や動画を撮影できる超広角レンズが追加されるようだ。

超広角レンズによって新しいカメラ機能「スマートフレーム」が追加されるという。通常ではフレームに収まらないエリアも撮影可能になり、撮影後にトリミングやフレーミングの調整が可能になるそうだ。写真を撮った後に画角に収まっていないということはよくあることだが、「スマートフレーム」によって解消されるのかもしれない。

なお、フロントカメラは120fpsのスローモーション撮影に対応するという。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

スマホアプリ

2019/08/23
NHK、民法ポータル「TVer」で見逃し配信開始。26日から

HomePod

2019/08/23
ついに「HomePod」が日本で販売開始。価格は32,800円

Android

2019/08/22
速報:Android、スイーツのコードネーム廃止。次期バージョンは「Android 10」に

AirPods

2019/08/22
iPhone 11、新型iPad、AirPods 3など年内登場するAppleの新製品が明らかに
Recommendこんな記事も読まれています