bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

何が違う?iPhone 12・mini・Pro・Pro Maxを比較

iPhone 12

何が違う?iPhone 12・mini・Pro・Pro Maxを比較

10月14日、2020年の新型iPhoneとして「iPhone 12」「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」の4機種が発表されました。

発表からわずか2日後の16日(金)から「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」の予約が開始されますが、どのiPhoneを購入するか迷っている人も多いはず。

この記事では「iPhone 12」「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」の4機種にどういった違いがあるのか比較・解説します。

目次

サイズ

iPhone 12シリーズの違いを比較 - サイズ

iPhone 12シリーズには新デザインが採用されたことでサイズにも大きな変化がありました。

サイズ順で並べるとiPhone 12 mini→iPhone 12、iPhone 12 Pro→iPhone 12 Pro Maxになります。

世界で最も小さく、薄く、軽い5Gスマホの「iPhone 12 mini」は、4.7インチのディスプレイを搭載した第2世代の新しいiPhone SEやiPhone 8よりも二周りほどサイズが小さいため片手操作に非常に優れています。

中間サイズの「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」は、昨年発売されたiPhone 11に比べて11%の薄型化、15%の小型化(体積)、16%の軽量化が実現されています。画面サイズの小さいiPhone 11 Proと比べると縦幅は少し大きいものの横幅はほぼ同じ、さらに薄くなっているため片手操作も可能です。

iPhone史上最も大きなディスプレイを搭載する「iPhone 12 Pro Max」は、iPhone 11 Pro Maxとほぼ同じサイズのため片手操作はかなり難しいです。

自分はあまりの大きさに耐えきれず返品・交換の期間内にiPhone XS MaxからiPhone XSに交換した経験があります。iPhone XやiPhone XS、iPhone 8からMaxに買い替えを考えている人は実際に店頭で触ってみることをおすすめします。

iPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
縦幅131.5 mm146.7 mm146.7 mm160.8 mm
横幅64.2 mm71.5 mm71.5 mm78.1 mm
厚さ7.4 mm7.4 mm7.4 mm7.4 mm
重さ133 g162 g187 g226 g
片手操作X
iPhone SE2iPhone 11iPhone 11 ProiPhone 11 Pro Max
縦幅138.4 mm150.9 mm144.0 mm158.0 mm
横幅67.3 mm75.7 mm71.4 mm77.8 mm
厚さ7.3 mm8.3 mm8.1 mm8.1 mm
重さ148 g194 g188 g226 g

デザイン・カラー

iPhone 6シリーズから側面が丸みを帯びたラウンドデザインを採用していましたが、iPhone 12シリーズでは全機種がディスプレイ〜側面にかけてフラットな形状の新デザインを採用しています。高く評価されていたiPhone 5を彷彿とさせるデザインです。

iPhone 12シリーズの違いを比較 - デザイン・カラー

「iPhone 12」と「iPhone 12 mini」はブラック/ホワイト/ブルー/グリーンの5色をラインナップ。背面は光沢のあるガラスを採用、側面はマットなアルミニウムを採用しています。

iPhone 12シリーズの違いを比較 - デザイン・カラー

対する「iPhone 12 Pro」と「iPhone 12 Pro Max」はゴールド/シルバー/グラファイト/新色パシフィックブルーの4色。背面にはすりガラスを採用、側面はPVD処理によって光沢の強いProらしい加工が施されています。

見た目が美しいのはProモデルの2機種ですが、ステンレススチールは小さいキズや細かいキズが目立ちやすいといった弱点もあります。

iPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
ボディ前面:セラミックシールド
フレーム:アルミニウム
背面:ガラス
前面:セラミックシールド
フレーム:ステンレススチール
背面:テクスチャードマットガラス(すりガラス)
デザインフラットエッジ
カラーブラック
ホワイト
ブルー
グリーン
(RPODUCT)RED
ゴールド
シルバー
グラファイト
パシフィックブルー

ディスプレイ

iPhone 12シリーズの違いを比較 - ディスプレイ

今年はすべての機種が表現力の高い有機ELのSuper Retina XDRディスプレイを搭載。

Appleが“完全無欠のディスプレイ”と説明する有機ELディスプレイはiPhone XSシリーズに比べてコントラスト比が2倍、最大の明るさは約30%アップ、エネルギー効率も15%向上しています。

また、iPhone 11やiPhone XRが搭載している液晶のLiquid Retina HDディスプレイとはコントラスト比は桁違い。解像度にも大きな違いがあります。

以下は同じ画像をLiquid Retina HDディスプレイとSuper Retina HDディスプレイで表示したものです。見てのとおり色のメリハリ、精細さなどでSuper Retina HDディスプレイが勝っています。Super Retina XDRディスプレイと搭載するiPhone 12シリーズはさらに上の表現力を持っています。

iPhone 12シリーズの違いを比較 - ディスプレイ

画面サイズは新たに5.4インチと6.7インチが追加。5.8インチは6.1インチに大画面化されています。ただし、新しいディスプレイはベゼルが狭小化したことで本体サイズは大きく変わっていません。

iPhone 12シリーズのディスプレイは画面サイズを除いて概ね同じ仕様ですが、画面の明るさ(標準時)に関してはProモデルがリードしています。

ディスプレイを保護するカバーガラスにはGorilla Glassで知られるコーニングと強力してセラミックシールドを採用。4倍の耐落下性能によってiPhoneを落とした時でも画面が割れにくくなっています。

iPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
画面サイズ5.4インチ6.1インチ6.1インチ6.7インチ
方式Super Retina XDRディスプレイ
(有機EL)
解像度2,340 x 1,080ピクセル
476ppi
2,532 x 1,170ピクセル
460ppi
2,532 x 1,170ピクセル
460ppi
2,778 x 1,284ピクセル
458ppi
コントラスト比2,000,000:1
最大の明るさ通常:625ニト
HDR:1,200ニト
通常:800ニト
HDR:1,200ニト
HDR
耐傷性セラミックシールド

カメラ

iPhone 12シリーズの違いを比較 - カメラ

カメラは通常モデルの「iPhone 12 mini」と「iPhone 12」、「iPhone 12 Pro」、「iPhone 12 Pro Max」の3つで大きな違いがあります。

まずレンズの数は通常モデルの2機種が広角と超広角レンズの2つProモデルの2機種は広角、超広角、望遠レンズの3つといった違いがあります。

スマートフォンのカメラの弱点はズーム撮影ですが、望遠レンズを搭載したProモデルであれば画質を大きく変えないまま2倍または2.5倍の光学ズームが楽しめます。ポートレート撮影においては望遠レンズが高い効果を発揮します。また、デジタルズームにおいても倍以上の倍率で被写体に近づくことができます。

iPhone 12シリーズの違いを比較 - ナイトモードポートレート

また、Proモデルの2機種はLiDARスキャナを搭載します。光を発射して対象物に到達してから反射して戻るまでの時間を測定することでARの性能が向上するだけでなく、カメラにおいては店内など暗い場所でも高速かつ正確なオートフォーカスが可能になります。最大で6倍も高速されたオートフォーカスは写真だけでなく動画でも有効です。

LiDARスキャナを活用することで玉ボケなどを生み出すナイトモードでのポートレート撮影も可能です。

iPhone 12シリーズの違いを比較 - ナイトモードポートレート

シリーズ最高のカメラを搭載する「iPhone 12 Pro Max」は、47%も大型化されたことで光を多く取り込める1.7μmの大きなカメラセンサーによって87%も明るく撮影可能。

また、高性能な一眼レフカメラで採用されているセンサーシフト式の光学手ブレ補正を採用。センサー自体が動くことで手ブレや車の振動を相殺してブレのない写真を記録できます。

iPhone 12シリーズの違いを比較 - センサーシフト式の光学手ブレ補正

Pro向けの機能としてRAW撮影ができるApple ProRAWにも対応します。写真アプリを使ってハイライトやチャンネルミキサー、トーンマッピング、ホワイトバランス、シャープネスなどの情報をもとにより高度な現像が可能。

iPhone 12シリーズの違いを比較 - Apple ProRAW

ビデオ撮影においては全機種Dolby Visionによる映画レベルの撮影および編集、共有が可能。Proモデルはより高いフレームレートによるなめらかなビデオを撮影できます。

iPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
メインカメラデュアル12MPカメラ
光学式手ぶれ補正
Pro 12MPカメラ
デュアル光学式手ぶれ補正(望遠以外)
Pro 12MPカメラ
センサーシフト光学式手ぶれ補正
広角レンズ絞り値 ƒ/1.6
7枚構成のレンズ
27%明るいレンズ
ナイトモード
絞り値 ƒ/1.6
7枚構成のレンズ
27%明るいレンズ
ナイトモード
絞り値 ƒ/1.6
7枚構成のレンズ
87%明るいレンズ
ナイトモード
ピクセルセンサー1.7μm
超広角レンズ絞り値 ƒ/2.4
5枚構成のレンズ
視野角120°
ナイトモード
望遠レンズX絞り値 ƒ/2.0
6枚構成のレンズ
絞り値 ƒ/2.2
6枚構成のレンズ
ズーム最大5倍のデジタルズーム
2倍の光学ズームアウト
最大10倍のデジタルズーム
2倍の光学ズーム
2倍の光学ズームアウト
4倍の光学ズームレンジ
最大12倍のデジタルズーム
2倍の光学ズーム
2倍の光学ズームアウト
5倍の光学ズームレンジ
Apple ProRAWX年末までに対応
スマートHDR 3
ナイトモードポートレートX
ビデオ撮影4K:最大60fps
1080p HD:最大60fps
Dolby VisionxHDR:最大30fps

2倍の光学ズームアウト
最大3倍のデジタルズーム
ナイトモードのタイムラプス
4K:最大60fps
1080p HD:最大60fps
Dolby VisionxHDR:最大60fps
2倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
最大6倍のデジタルズーム
K:最大60fps
1080p HD:最大60fps
Dolby VisionxHDR:最大60fps
2.5倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
最大7倍のデジタルズーム
フロントカメラTrueDepthカメラ
12MP
絞り値 ƒ/2.2

電池持ち・バッテリー

スマホの不満点、購入するときに重要視する項目で上位に挙げられる電池持ちとバッテリー。

Appleは電池容量を明かしていませんが、オランダのVodafoneが公開した製品ページによると、iPhone 12 miniを除くモデルはiPhone 11シリーズと比較して7%〜9%の減少になっています。

iPhone 11シリーズは本体の厚みを増やすことで大容量バッテリーを搭載していましたが、iPhone 12シリーズは小型化や薄型化によって大容量バッテリーを搭載できなかったようです。本体サイズを小さくした理由はおそらく「MagSafe」の存在ではないでしょうか。

海外の先行レビューによれば電池持ちはiPhone 11シリーズと同等か、それ以下とのこと。また、5G接続時は消費電力が大きく上がると報告されています。5G向けの新しい省電力機能として5Gの高速・大容量通信が必要のない時は4Gで接続する「スマートデータモード」に対応していますが、日本では5G自体の対応エリアが非常に狭いため、そもそも5Gに繋がりにくい状況なのでオンにしておいた良いかもしれません。

iPhone 12シリーズの違いを比較 - 電池持ち・バッテリー

電池持ちは向上していないもののワイヤレス充電は大きく進化しました。iPhone 12シリーズはすべての機種が新しい「MagSafe」に対応します。

ワイヤレス充電は位置がズレていると充電効率が著しく低下したり充電できないこともありますが、新しい「MagSafe」は専用のワイヤレス充電器とiPhone本体にマグネットを内蔵することで磁力で位置ズレを解消。さらに最大出力も2倍になることでワイヤレスでも急速充電が可能になります。

なお、MagSafeの充電器は別売りでAppleからは4,500円で販売されます。ケースを付ける場合はMagSafe対応のケースが必要(動作保証)になるため注意しましょう。

iPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
バッテリー容量2,227mAh2,815mAh2,815mAh3,687mAh
ビデオ再生最大15時間最大17時間最大17時間最大20時間
ストリーミング最大10時間最大11時間最大11時間最大12時間
オーディオ再生最大50時間最大65時間最大65時間最大80時間
高速充電30分で最大50%の充電が可能
同梱物USB-C – Lightningケーブル
イヤホン、電源アダプタなし
Qiワイヤレス充電7.5W
MagSafe充電15W

5G

iPhone 12シリーズの違いを比較 - 5G

iPhone 12シリーズはすべて5Gに対応します。

5Gには最も高速なミリ波と比較的繋がりやすいSub6の2種類がありますが、日本版のiPhone 12シリーズはSub6のみ対応しています。

5Gの通信速度はキャリアによって異なります。

ドコモとauはSub6が受信時最大3.4Gbps、送信時最大182〜183Mbpsでミリ波が受信時最大4.1Gbps、送信時最大480〜481Mbpsです。ソフトバンクは受信時最大2.0Gbps、送信時最大103Mbpsです。いずれも回線の混雑状況や通信環境によって速度が低下します。

なお、日本では今年5Gがスタートしたばかり。5G全体としての対応エリアが狭く、4Gのようにどこでも繋がる状態になるのは当分先になります。

パフォーマンス

iPhone 12シリーズの違いを比較 - パフォーマンス

パフォーマンスに大きく関わるチップセットは4機種すべて「A14 Bionic」を搭載しています。5nmプロセスで設計されたチップセットを搭載する世界初のスマートフォンです。

A13 Bionicに比べて処理性能(CPU)と描画性能(GPU)は最大50%向上、機械学習の処理能力は80%向上。ゲームアプリにおいては家庭用ゲーム機レベルのゲーム体験が可能です。

さらに、U1チップもすべての機種に搭載されます。U1チップはiPhoneが車の鍵の代わりになるCarKeyやHomePodに近づけるとiPhoneで再生中の曲を転送できるハンドオフ、共有サービスAirDropなどに使用されています。

Appleが公表していないメモリ/RAMの容量は「iPhone 12」と「iPhone 12 mini」が4GB、「iPhone 12 Pro」と「iPhone 12 Pro Max」が6GBであることがXcodeのplistファイルから判明しています。メモリの容量が多いほど多くのアプリを起動した時のパフォーマンスが良くなります。

防水性能は4機種ともIP68等級の防水・防塵に対応。iPhone 11シリーズを上回る最高クラスの最大水深6メートルで最大30分間耐えられます。

iPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
チップセットA14 Bionic
U1チップ
メモリ(RAM)4GB6GB
防水IP68
水深6メートルで最大30分間

販売価格・容量

iPhone 12シリーズの違いを比較 - 販売価格・容量

ストレージは「iPhone 12」と「iPhone 12 mini」が64GB/128GB/256GBの3種類、「iPhone 12 Pro」と「iPhone 12 Pro Max」は、64GB/256GB/512GBの3種類です。

販売価格は以下のとおりです。なお、楽天モバイルからは発売されません。

iPhone 12

64GB128GB256GB
端末価格負担金端末価格負担金端末価格負担金
docomo¥101,376新:¥67,584
変:¥67,584
の:¥52,928
¥109,296新:¥72,864
変:¥72,864
の:¥58,208
¥123,552新:¥82,368
変:¥82,368
の:¥67,712
au¥103,430新:¥44,430
変:¥49,930
の:¥33,430
¥108,260新:¥46,500
変:¥52,000
の:¥35,500
¥122,435新:¥54,435
変:¥59,935
の:¥43,435
SoftBank¥110,880¥55,440¥116,640¥58,320¥131,040¥65,520
Apple¥94,380¥99,880¥111,980

iPhone 12 Pro

128GB256GB512GB
端末価格負担金端末価格負担金端末価格負担金
docomo¥129,096新:¥86,064
変:¥86,064
の:¥71,408
¥142,560新:¥95,040
変:¥95,040
の:¥80,384
¥169,488新:¥112,992
変:¥112,992
の:¥98,336
au¥127,495新:¥67,735
変:¥62,235
の:¥67,735
¥140,750新:¥74,750
変:¥69,250
の:¥74,750
¥168,170新:¥89,930
変:¥84,430
の:¥89,930
SoftBank¥137,520¥68,760¥151,920¥75,960¥180,000¥90,000
Apple¥117,480¥129,580¥153,780

iPhone 12 mini

64GB128GB256GB
端末価格負担金端末価格負担金端末価格負担金
docomo¥ー¥ー¥ー¥ー¥ー¥ー
au¥ー¥ー¥ー¥ー¥ー¥ー
SoftBank¥ー¥ー¥ー¥ー¥ー¥ー
Apple¥82,280¥87,780¥99,880

iPhone 12 Pro Max

128GB256GB512GB
端末価格負担金端末価格負担金端末価格負担金
docomo¥ー¥ー¥ー¥ー¥ー¥ー
au¥ー¥ー¥ー¥ー¥ー¥ー
SoftBank¥ー¥ー¥ー¥ー¥ー¥ー
Apple¥129,580¥141,680¥165,880

予約開始日・発売日

iPhone 12シリーズの違いを比較 - 予約開始日・発売日

iPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
予約開始日11月6日(金)
午後10時から
10月16日(金)
午後9時から
10月16日(金)
午後9時から
11月6日(金)
午後10時から
発売日11月13日(金)10月23日(金)10月23日(金)11月13日(金)

アンケート:iPhone 12シリーズ、どれを買う?

オンラインショップで購入

docomo

SoftBank

au

Apple.com/JP

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

AirPods

2020/10/27
AirPods Studio、ヘッドバンドに問題発生で延期。交換不可に?

AirPods

2020/10/26
AirPods 3、短いステム(うどん)に変更か。AirPods Pro 2はステム廃止の噂

NTTドコモ

2020/10/26
ドコモ、2020-2021冬春モデルを11月5日に発表。Xperia 5 IIなど登場か

iPhone 12

2020/10/26
MagSafe充電器、ケースに跡が付く可能性。人気のウォレットケースは外す必要あり
Recommendこんな記事も読まれています