bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhone 12、画面サイズは5.4・6.1・6.7インチの3種類。5Gモデルも登場か

未分類

iPhone 12、画面サイズは5.4・6.1・6.7インチの3種類。5Gモデルも登場か

5G対応や高い評価を得た「iPhone 4」ライクなデザインへの変更など、2020年秋に発売が噂されている新型iPhone(仮称:iPhone 12)は大幅アップデートになるようだが、その進化はディスプレイにも及ぶかもしれない。

4Gと5Gモデルは別に用意か

ETNewsによると、iPhone 12の画面サイズは5.4インチ、6.1インチ、6.7インチの3種類になるとのこと。

現在は6.1インチの「iPhone 11」、5.8インチの「iPhone 11 Pro」、6.5インチの「iPhone 11 Pro Max」が販売されているため、Maxシリーズはより大きく、Proシリーズはコンパクトになる可能性がある。

現行の「iPhone 11」には、液晶のLiquid Retina HDディスプレイが採用されているが、iPhone 12シリーズではすべてが有機ELになるという。

有機ELは液晶よりも表現力が高く、高精細で画面も明るい。液晶と違ってバックライトが不要になるため薄型化につながる。また、画面上の黒いエリアは発光しないため、iOS 13で追加された新機能「ダークモード」を利用することで電池持ちも改善される。

すでにProシリーズに採用されている有機ELディスプレイも進化するようだ。SamsungのGalaxyシリーズやOPPOなどのスマートフォンで採用実績がある「Y-Octa」が採用されるとのこと。

これまでのiPhoneで分離されていたパネルとタッチセンサーが「Y-Octa」によって一体化することでユニットの薄型化が期待できる。Proシリーズで厚みが増したボディを薄型化する可能性もあるが、ボディの厚さはそのままにバッテリーの厚みを増やして大容量化に繋げることも考えられる。

なお、ディスプレイのサイズ変更やY-Octaの採用についてはDigiTimesが台湾のサプライチェーンから得た情報としてすでに報じているため、今回の報道によって信憑性が増したことになる。

また、これまでの噂ではすべてのモデルが5Gに対応すると噂されていたが、ETNewsは画面サイズの異なる3種類に加えて、5G対応モデルが用意されるため4種類以上になる可能性を報じている。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

インスタグラム

2019/12/08
インスタ、突然表記が英語になるバグ発生。日本語に直すには?

セール

2019/12/07
Kindle、過去最安値でサイバーマンデーに登場

iPhoneの噂・最新情報

2019/12/07
iPhone 9、“8”と同価格または低価格で発売か

ソフトバンク

2019/12/06
ソフトバンクと東京大学、AI研究所を'20年春に設立。最先端のAI研究機関へ
Recommendこんな記事も読まれています