iPhone 12、不評な“ノッチ”が小型化された画像が見つかる

Yusuke Sakakura

Credit: Jon Prosser

今年秋に発売される新型iPhone(仮称:iPhone 12)では、不評の“ノッチ”が小型化されると何度も噂されているが、それを裏づける画像が発見された。

ホーム画面に配置できるウィジェット機能も発見される

Apple関連のリーカーFudge(@choco_bit)がiPhone 12とされる画像を2枚公開している。

1枚目はパッと見なんの変哲もないiOSのホーム画面だが、よくよく見ると2×2、2×1などサイズの異なるアプリアイコンが並んでいるように見える。

これはiOS 14でAndroidのようなウィジェット機能が追加されるとの情報を裏付けているかもしれない。Androidでは通常のアプリよりも大きなサイズのウィジェットをホーム画面に配置することで、アプリを起動することなく天気やスケジュール、Suicaの残高などをホーム画面で確認できるが、iPhoneでも同様の機能が実装される可能性がある。

画面サイズが最大6.7インチまで大型化するiPhone 12シリーズとウィジェットの相性は良さそうだ。

Androidのウィジェット
Androidのウィジェット

2枚目は3つのレンズと被写体や背景との距離を瞬時に測定できるLiDARスキャナを搭載した「iPhone 12 Pro」または「iPhone 12 Pro Max」とされる画像だ。重要なのはノッチが小型化されていること。縦幅はわからないが横幅は明らかに小さくなっている。全4モデルに反映されるかは不明。残念ながらディスプレイを囲うベゼルの幅は小さくなっていないようだ。

Fudgeは情報源を明らかにしていないが、背面の画像は先日報じられたiOS 14から抽出されたiPhone 12の画像と酷似していることから今回も抽出元は同じと予想される。

Jon Proserもウォーターマークなしの画像を公開していることから信ぴょう性も低くない。ただ、iOS 14は開発中であるため発売までに計画が変更される可能性はある。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Latest新着記事

AirTag

2021/05/06
新着記事
AirTagのストーカー対策による警告音は小さく15秒・一定間隔と判明

Twitter

2021/05/06
Twitter、ようやく縦長画像に対応。縦長にならない原因は?

Twitter

2021/05/05
Twitter、広告ブロックサービス「Scroll」買収。自社サブスクで提供へ

Pixelの噂・最新情報

2021/05/05
新型フルワイヤレスイヤホン「Pixel Buds A-Series」を誤ってGoogleが発表→削除
Recommendこんな記事も読まれています