iPhone 13 Pro Maxの図面流出か。ノッチは幅8.6mmも短縮、バッテリーの%表示復活に期待

bio
Yusuke Sakakura

iPhone 13 Pro Maxの図面流出か。ノッチは幅8.6mmも短縮、バッテリーの%表示復活に期待

Appleが9月にスペシャルイベントを開催し、その場で発表される可能性が高い新型iPhone(仮称:iPhone 13)

発表が迫るなかで最上位モデルのiPhone 13 Pro Maxの図面が流出し、カメラのサイズ、出っ張り、レンズの直径が明らかになった。

性能アップが噂されるカメラは大型化

流出した図面の信憑性は不明だが、iPhone 13 Pro Maxのカメラとノッチに関する詳細なサイズ情報を読み取れる。

昨年と同じ3つのレンズで構成されるiPhone 13 Pro Maxのトリプルカメラは、縦が39.23mm、レンズの直径が17.04mm、出っ張りは3.67mmとなるようだ。前回流出した図面とわずかに異なるがほとんど変わっていない。

iPhone 13 Pro Maxの図面流出か。カメラ大型化、ノッチは幅8.6mmも短縮か

Appleが公開しているアクセサリ開発向けのガイドラインによると、iPhone 12 Pro Maxのカメラは縦の長さが(外)40.93mm/(内)34.21mm、レンズの直径が14.11mm、出っ張りが2.79mmとなっている。

つまり、iPhone 13 Pro Maxはレンズが大口径になり、出っ張りも増える。流出した図面のカメラの縦の長さは、おそらく傾斜を含まないカメラの内側を計測したもので、34.21mm→39.23mmに大型化することが予想される。

iPhone 13 Pro MaxiPhone 12 Pro Max
カメラの大きさ縦:39.23 mm縦:34.21 mm
カメラの出っ張り3.67 mm2.79 mm
レンズの直径17.04 mm14.11 mm

ノッチの幅は26.23mm。昨年発売されたiPhone 12シリーズは34.83mmのため、8.6mmも短くなる。

ノッチデザインが採用されたiPhone X以降は、ステータスバーでパーセント形式のバッテリー残量を確認できなくなったが、ノッチが小型化されるiPhone 13シリーズでは復活に期待したい。

なお、Appleは来月開催のスペシャルイベントで、iPhone 13、Apple Watch Series 7、iPad mini 6、iPad 9、AirPods 3といった大量の新製品を発表すると報じられている。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています