Apple、2020年春に4.7インチ「iPhone SE2」発売?―日経報道

iPhoneの噂・最新情報

Apple、2020年春に4.7インチ「iPhone SE2」発売?―日経報道

日本時間11日に開催されるAppleのスペシャルイベント『By innovation only』では、3機種の新型iPhone(仮称:iPhone 11)の発表が確実視されているが、日本経済新聞の報道によると2020年春にも廉価版のiPhoneが発売されるという。

廉価版iPhoneの投入で他社に対抗か

日本経済新聞が複数の関係者から得た情報によると、2020年春に発売される廉価版のiPhoneは有機ELよりもコストが低い液晶パネルを採用。画面サイズはiPhone 8の4.7インチとほぼ同じになるとのこと。

いまさら?という印象だが、中国経済の減速などで高価格帯のスマートフォンの販売台数が落ち込んでいることから、廉価版を投入してSamsungやHUAWEIなどのスマートフォンに対抗するという。

Appleが昨年発売した「iPhone XS」の11.2万円〜に対して、性能が落ちる「iPhone XR」は8.4万円〜で比較的安く設定されているが、「Galaxy A30」や「HUAWEI P30 lite」は2万円後半から3万円前半で購入できる。

4インチのディスプレイを搭載したコンパクトモデル「iPhone SE」の後継機は度々発売の噂が報じられているが、2018年にAppleが直前で発表を取りやめたと伝えられ、バークレイズのアナリストは4.7インチのコンパクトモデルが2020年に発売との情報を掴んでいた。

実際に発売されるのであれば、より高性能なチップセットが搭載されるのは間違いない。指紋認証やイヤホン端子、デザイン、カメラがどう変化するのか注目が集まる。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

楽天モバイル

2021/03/09
楽天モバイルが300万契約突破。1年間無料キャンペーンは4月7日まで受付

アンケート・調査結果

2021/03/09
携帯シェア、格安SIMが初の減少。楽天モバイルが急成長

Android

2021/03/09
Android 11、米国でのシェアは20%以上。日本はわずか6%

iOS 14

2021/03/09
iOS 14.4.1が配信開始。メモリ破損の脆弱性を修正
Recommendこんな記事も読まれています