bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

米TIME、今年の発明品ベスト25に「iPhone X」を選出〜最も洗練されたスマートフォン

iPhone X / 8

TIME誌、今年の発明品ベスト25に「iPhone X」を選出〜最も洗練されたスマートフォン

米TIME誌が毎年恒例の“The 25 Best Inventions”を発表し、Appleの「iPhone X」や任天堂の「Nintendo Switch」が選出された。

“世界で最も洗練されたスマートフォン”

TIME誌、今年の発明品ベスト25に「iPhone X」を選出〜最も洗練されたスマートフォン

TIME誌は、すべてがディスプレイのオールスクリーンやARに最適化されたプロセッサ、顔認証を実現したスマートなカメラなどをあげて「iPhone X」を“世界で最も洗練されたスマートフォン”と評価して今年の発明品ベスト25に選出した。スマートフォン・タブレット・PCでは唯一の選出となっている。

オールスクリーンや顔認証はサムスンやLGに先行されたが、Appleが高いクオリティで実現したことも評価しているようだ。

TIME誌のインタビューに答えたAppleの最高デザイン責任者、ジョナサン・アイブはオールスクリーンを実現するためにホームボタンの廃止と慣れ親しんだ操作性の変更に迫られたことについて「iPhone 7シリーズでヘッドフォン端子を廃止したように未来を見据えた変更」だったとコメントしている。

“ある意味でひとつの章が完結した”

ジョナサン・アイブとダン・リッキオは未来のiPhoneについてほんの少しだけ触れている。現在は明確なビジョンがあり、「iPhone X」はある意味でひとつの章が完結したとコメントした。具体的には語らなかったが、まだまだ進化の余地を残していることが伺える。

ちなみに、Apple製品は2016年に「AirPods」、2015年に「Apple Pencil」と「iPad Pro」、2014年に「Apple Watch」が発明品ベスト25に選出されている。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Amazon

2019/03/21
ついに第10世代目 低価格「Kindle」がフロントライト搭載で新登場

AirPods

2019/03/21
何が変わった?新しい第2世代「AirPods」と第1世代の違いを比較

AirPods

2019/03/20
速報:新型「AirPods」が登場。ワイヤレス充電とHey Siriに対応、遅延も30%改善

楽天モバイルネットワーク

2019/03/20
更新:総務省、新規参入の楽天を優遇か 分離プラン義務化の対象外に?
Recommendこんな記事も読まれています