LINE Pay、QUIC Payと提携で非接触決済に対応。Apple Pay対応は検討中

bio
Yusuke Sakakura

LINE Pay、QUIC Payと提携で非接触決済に対応。Apple Pay対応は検討中

LINEが6月28日に開催した「LINE CONFERENCE 2018」でLINE上で展開するモバイル送金・決済サービスLINE Payと「QUICPay」の提携を発表した。

これにより、LINE Payでは従来のLINE Payカード、コード決済に非接触型決済加わり、3種類の店舗決済が可能になる。

日本国内72万店舗でLINE Payによる非接触型決済が可能に

LINE Payはスマートフォンさえ持っていればキャッシュレス・ウォレットレスで支払いができるコード支払いのポイント還元率を最大5%にアップし、ポイント還元の上限額を撤廃するなど最もおトクな支払い方法として普及させる一方で、ユーザーにより便利に利用してもらうために今年秋以降にQUICPayを利用した非接触型決済に対応する。

これによりAndroidデバイスでは国内約72万箇所の店舗でスマートフォンをかざしてLINE Payアカウントの残高から支払いが可能になる。

なお、数ある非接触型決済のなかでQUICPayを選択した理由としては複数社と話をした結果最も最適だと判断したとのこと。なお、iPhoneのApple Pay対応については検討している段階とした。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています