bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

LINE、食べ物を美味しく撮れるカメラアプリ「Foodie」をリリース

LINEが食べ物に特化したフード専用カメラアプリ「Foodie(フーディ)」をiPhone/Android向けに無料で配信しました。

「Foodie」は世界で1億ダウンロードを突破した自撮り専用カメラアプリ「B612」に続く特化型のカメラアプリで、様々な食べ物を美味しそうに加工できるフィルター機能や、グルメ情報誌でよく見られる「真上撮り」をサポートする機能など、食べ物を美味しく取るための機能が収録されています。

スマホアプリ

食べ物を美味しく撮影できるカメラアプリ「Foodie(フーディー)」

「Foodie(フーディ)」では、肉・野菜・カフェなど食べ物やシーンに最適化された全24種類の「食べ物フィルター」、カメラ水平になるとシャッターボタン周りが黄色に変化して真上撮りをサポートする「ベストアングル機能」、カンタンに一眼レフのようなぼかしをかけられる「アウトフォーカス機能」

LINE、食べ物を美味しく撮れるアプリ「Foodie」を配信 LINE、食べ物を美味しく撮れるアプリ「Foodie」を配信 LINE、食べ物を美味しく撮れるアプリ「Foodie」を配信

写真を明るく・暗くできる「明るさ調整機能」、ライトを常時点灯する「トーチ機能」など豊富な機能を利用することができます。

LINE、食べ物を美味しく撮れるアプリ「Foodie」を配信 LINE、食べ物を美味しく撮れるアプリ「Foodie」を配信 LINE、食べ物を美味しく撮れるアプリ「Foodie」を配信
「Foodie」で撮影した写真

Instagramよりも使いやすい食べ物に最適化された「食べ物フィルター」

食べ物をスマホで撮影してInstagramでシェアするといった使い方が定着していますが、Instagramには食べ物に最適化されたフィルターは存在しません。

そのため、“どれが一番料理が美味しく映るのか”を決めるためにいくつものフィルターを選択して時間がかかっていたと思います。

一方、「Foodie(フーディー)」のフィルターは「シャキシャキ」「フルーティー」「ジュワ」「ティータイム」「カフェ」などのわかりやすいフィルター名とともに、食べ物の写真が表示されるのでフィルター選びに時間がかかりません。

LINE、食べ物を美味しく撮れるアプリ「Foodie」を配信 LINE、食べ物を美味しく撮れるアプリ「Foodie」を配信

「Foodie」で撮影した写真はInstagramを含め、様々なSNSにシェアできるのでこれからは「Foodie」で撮影してInstagramにシェアするという使い方も増えてくるかと思います。

Foodie - 食べ物の撮影に特化したカメラアプリ
プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュース、レビューを報じるブログメディア主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iOS

2018/05/26
iOS 12、NFCを大幅拡張か。開発者に非接触機能を開放へ

Kindleセール情報

2018/05/26
50%ポイント還元、Kindleストアで「PHP研究所キャンペーン」が開催中

Kindleセール情報

2018/05/26
半額、Kindleストアでいま欲しい「Webデザイン・Web技法書」セールが開催中

ソフトバンク

2018/05/25
ソフトバンク、3段階の新しい料金プランを発表。通話料込みで1GB・月額1,980円から
Recommendこんな記事も読まれています