モバイルPASMOとモバイルSuicaを同時利用できるスマホはわずか6機種

キャッシュレス

「モバイルPASMO」今日から開始。モバイルSuicaを同時利用できる機種はわずか6機種

おサイフケータイ対応のAndroidスマートフォンでPASMOが使える月額・年会費無料の「モバイルPASMO」がきょう18日からスタートした。

スマホを改札や専用のリーダーにかざすだけでPASMOが利用できるが、モバイルSuicaを利用している場合は注意が必要だ。

メインカードの設定・切り替えが必要

モバイルPASMOとモバイルSuicaはスマホをかざすだけで決済できるが、両方をインストールしている場合、ユーザーがどちらを利用したいのかスマートフォンにはわからない。

コンビニなどスピードが求められない場合は都度選択する方式でも構わないが、乗降者数の多い駅の改札で利用する場合は行列ができてしまいそうだ。

結論から言えばモバイルPASMOとモバイルSuicaを同時利用することは可能。ただし、事前におサイフケータイアプリから「メインカード」の設定が必要になる。

また、現時点ではモバイルPASMOとモバイルSuicaを同時利用できるのはわずか6機種(Xperia 1、Xperia 5、Xperia 8、Pixel 4、Pixel 4 XL、Android One S6)に限定されているため、ほとんどのスマートフォンにおいてモバイルPASMOを利用する場合はモバイルSuicaを削除しなくてはいけない。

操作手順
  • 1. おサイフケータイアプリを起動
    • 事前にモバイルPASMOの導入が必要
  • 2. 「マイサービス」タブにて「メインカードを切り替える」をタップ
  • 3. 利用したいカードをフリックで選択して「メインカードにする」をタップすれば完了

「モバイルPASMO」今日から開始。モバイルSuicaを同時利用できる機種はわずか6機種

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Twitterニュース

2021/02/26
Twitterで収益化。月500円の投げ銭“スーパーフォロー”発表

NTTドコモ

2021/02/25
ドコモ社長、ahamoの値下げ「やらない」と明言。先行申込は150万超

au

2021/02/25
au、新プラン3月1日開始。最大2,070円値下げ、Netflixも価格改定

au

2021/02/25
auショップ等、LINE設定やデータ移行に2000円。有料の店頭サポート開始
Recommendこんな記事も読まれています