bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Apple、新型iPad Proを曲がったまま出荷→“仕様”で交換不可

iPad

Apple、新型iPad Proを曲がったまま出荷→“仕様”で交換対応なし

今年11月に発売された第3世代の新しいiPad Proは高い評価を得ているが、モノによっては最低評価を与えざるを得ない致命的な仕様を抱えているようだ。

致命的な仕様というのはiPad Proのボディがわずかに曲がっているというもの。Appleによれば出荷時点で曲がったiPad Proは不具合ではなく仕様であり、交換する予定はないという。

日本国内でも報告例アリ、Appleは“湾曲問題”が仕様と回答

Twitterでは新しいiPad Proの発売直後からボディが曲がっているとの報告が確認されていた。日本国内からの報告例もある。

The Vergeによると、Appleは今年11月に発売された新しいiPad Proにおいてアルミのボディがわずかに曲がったまま出荷していることを認めたという。

この湾曲問題は11インチ・12.9インチの両方で発生する可能性があるが、製造工程(金属およびプラスチックの部品冷却)によるもので、時間の経過で悪化するものではなく、通常の使用やiPad Proのパフォーマンスに影響を与えるものではないとのこと。

つまり、Appleはこの曲がりを欠陥と認めていない。この問題を理由にした交換対応もしておらず、返品率はこれまでのモデルと大きな差がないそうだ。

Appleは時間の経過で湾曲が悪化することはないとしているが、使用の経過によってボディが湾曲したと主張する報告例も確認されており、発売直後にiPad Proのボディが曲がりやすいと指摘した動画はすぐに注目を集めた。

箱から出して6分しか経っていないiPad Proがあまりにもカンタンに曲がっている

iPad Proは9.7万円〜22.8万円で販売されている非常に高額なタブレットだ。曲がっていることがタブレットの性能に影響を与えないとしても持ち主が不愉快に感じてパフォーマンスが落ちることもあるだろう。

なお、The Vergeはプラスチックのアンテナが金属を分断するように配置されていることからWi-FiモデルよりもLTEモデルで顕著に発生している可能性があると指摘している。

iPad Proユーザーは今一度、自分のタブレットが湾曲していないかを確認し、Appleに対応内容を確認した方が良い。Apple StoreやApple公式サイトで購入した製品は受け取りから14日以内に申し込めば返品することも可能だ。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

ポケモンGO攻略

2019/01/16
ポケモンGO、1,200店舗のTSUTAYAがジム・ポケストップとして登場。錦糸町駅にも

ニュース

2019/01/16
モバイルSuica、ガラケーのサービスを大幅縮小。スマホの年会費は無料に

NTTドコモ

2019/01/16
ドコモ、2年縛りの更新月を3ヶ月間に拡大。契約満了月の解約も無料に

NTTドコモ

2019/01/16
ドコモ、2018夏モデル・iPhone 8シリーズを値下げ〜1月18日から
Recommendこんな記事も読まれています