NHK、民法ポータル「TVer」で見逃し配信開始。26日から

bio
Yusuke Sakakura

NHK、民法ポータル「TVer」で見逃し配信開始。26日から

NHKがスマートフォンやタブレットなどでテレビ番組を視聴できるサービス「TVer」で、既に放送した番組の見逃し配信を開始すると発表した。

「ダーウィンが来た!」など最大10番組を見逃し配信

「TVer」は、日本テレビやテレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビなど在京民放5社が運営する民放公式のテレビポータル。利用は無料。スマートフォン/タブレット/テレビアプリまたはウェブサイト経由で、テレビ番組を見逃し視聴できるが、NHKの番組についてはテレビアプリで視聴できない。

NHKは既に放送した番組を配信することで、NHKの番組に触れてもらう機会を増やし、放送の視聴と公共放送の理解増進につながることが目的とし、効果を確かめるために5番組から10番組を放送後1週間程度配信するとしている。

「TVer」では見逃し番組の冒頭または途中でCMが配信されるが、広告を禁じているNHKでは公共放送について理解を得るための情報を配信し、広告収入はNHKには配分されない。また、TVerでの番組視聴は受信契約の対象ではないとのこと。

配信される番組は「ダーウィンが来た!」「チコちゃんに叱られる! チコっとだけスペシャル」「Nスペ5min.」「みいつけた!」「ハートネットTV」「バリバラ」「きょうの健康」「きょうの料理ビギナーズ」の8番組で今後入れ替えの可能性もある。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています