bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

スマホのカメラはついに光学10倍ズームへ〜OPPOが2019年Q2に発売

ニュース
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

Credit: OPPO – Twitter (1 / 2)

10倍ズームx手持ち撮影でも手ブレなしのカメラが登場

AndroidスマートフォンメーカーのOPPOが、10倍ズーム時でも画質が劣化せず、クリアな映像が記録できるカメラを搭載したスマートフォンを2019年第2四半期(4月〜6月)に発売すると発表した。

“10倍ロスレスズーム”を可能にしたのは3種類のレンズから構成されるトリプルカメラだ。最も引いた画角で撮影できる120°の超広角レンズ、48メガピクセルの高解像度、望遠レンズの3つを切り替えることで、15.9mm〜159mmの焦点距離をカバーし、3段階に分けてズームすることができる。

ちなみに、光学2倍ズームに対応する「iPhone XS」のカメラは26と52mmの焦点距離をカバーしている。OPPOの次期スマートフォンは、従来のスマートフォンに比べて奥行きだけでなく手前も広げることで10倍ロスレスズームを実現したというわけだ。

なお、ズーム性能がアップするとボディの厚みに影響が出てしまうが、OPPOは望遠レンズにD型にカットしたレンズを採用し、ペリスコープ(潜望鏡)デザインのケースに収めることで120%のスペース削減を実現したという。これにより、薄いスマートフォンのボディに10倍ロスレスズームのカメラを搭載することに成功したそうだ。

もう1つの懸念はズーム時の手ぶれ。一眼レフのようなカメラと違い、片手で撮影することが多いスマートフォンでは手ブレが発生しやすいが、優れた光学手ブレ補正によって手持ちで10倍ズーム撮影をしてもクリアな写真が記録できるという。

OPPOが発表したのは10倍ロスレスズームカメラと発売時期のみで、スマートフォンの名称は発売日や発売対象地域は明らかにされていない。OPPOは昨年2月から日本市場にも参入しており、ノッチすらない“真のベゼルレス”のスマートフォン「Find X」も日本で発売している。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Appleニュース

2019/08/26
Apple丸の内、東京駅目の前に9月7日10時オープン

スマホアプリ

2019/08/23
NHK、民法ポータル「TVer」で見逃し配信開始。26日から

HomePod

2019/08/23
ついに「HomePod」が日本で販売開始。価格は32,800円

Android

2019/08/22
速報:Android、スイーツのコードネーム廃止。次期バージョンは「Android 10」に
Recommendこんな記事も読まれています