bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

PayPay、9月以降に新残高で出金に対応。有効期限はほぼ廃止に

PayPay

PayPay、9月以降に新残高で出金に対応。有効期限はほぼ廃止に

スマホ決済「PayPay」が、7月29日から残高の仕様を変更すると発表した。「PayPayライト」などの名前が変更され、一部をのぞいて有効期限が廃止される。

100億円キャンペーンで付与された残高も有効期限なしに

現在のPayPayでは、「PayPayライト」「PayPayボーナス」「PayPayボーナスミニ」の3種類の残高が用意されている。

「PayPayライト」はYahoo!JAPANカードやYahoo!ウォレットの現金払い用口座からチャージした残高で送金や割り勘ができる最も価値の高い残高。

「PayPayボーナス」と「PayPayボーナスミニ」は100億円あげちゃうキャンペーンなどのキャンペーンで付与される残高で送金や割り勘はできない。

7月29日以降はPayPayライトが「PayPayマネーライト」に、PayPayボーナスミニが「PayPayボーナスライト」に名前変更され、「PayPayボーナス」と「PayPayマネーライト」の有効期限が廃止される。

出金ができる新しい残高「PayPayマネー」が9月登場

9月30日以降には新しい残高「PayPayマネー」が追加される。銀行口座などからチャージした残高で、本人確認手続きを済ませると利用可能になり、既存の残高では利用できない出金に対応する。

整理すると将来的にPayPayでは「PayPayマネー」「PayPayマネーライト」「PayPayボーナス」「PayPayボーナスライト」の4種類の残高が用意される。

“マネー”がつく残高は送金と割り勘が可能で、“ボーナス”がつく残高は送金や割り勘が利用できない。最も価値の低い「PayPayボーナスライト」にのみ60日間の有効期限が存在することになる。

PayPayマネーPayPayマネーライトPayPayボーナスPayPayボーナスライト
旧名称PayPayライトPayPayボーナスミニ
有効期限無期限60日間
チャージ方法口座などからキャンペーンなどで付与
送金、割り勘X
出金X

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iOS 14

2020/09/19
Gmail、iOS 14のデフォルトアプリに近日対応

ニュース

2020/09/18
TikTokとWeChat、米で配信禁止へ。使用制限も

iPad

2020/09/18
更新:ドコモ、iPad Air4を年内発売。価格は86,328円から

NTTドコモ

2020/09/18
ドコモ、“ミリ波”5Gサービスを23日開始。下り最大4.1Gbpsに
Recommendこんな記事も読まれています