bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iOS 11の新機能「ARKit」でPokémon GOのARはホンモノになる

iOS 11

iOS 11の新機能「ARKit」でPokémon GOは超絶進化する

累計ダウンロード数が7億5000万回を突破し、リアルワールドでの1周年イベントを控えている「Pokémon GO」

ポケモンGOにはARモードが搭載されていて目の前にいるポケモンにモンスターボールを投げてゲットするような感覚を味わえる、、、というとかなり大げさだが、「iOS 11」で提供される新機能「AR Kit」に対応したポケモンGOではホントにポケモンがそこにいるようなARモードに進化するようだ。

ARKitのこうかはばつぐんだ

今年のWWDCは春にスペシャルイベントがなかったことも影響したのか多くの新製品が登場した。新製品に興味がない開発者は退屈に感じたかもしれないが、iOS 11の新機能として提供される「ARKit」のセッションに興奮した人は多いはずだ。

セッション内ではARモードを収録するポケモンGOも少し紹介された。現在のARモードはポケモンが浮いているような不自然さがある。ぶっちゃけ背景がリアルなだけでそこにポケモンがいるかのような感覚はない。一方、AR Kitに対応したポケモンGOはポケモンがそこに立っているようなリアルさで投げたモンスターボールが地面にバウンドするエフェクトも非常にリアルだった。

さらに、後日開催されたARKitのセッションでも再びポケモンGOのデモが披露された。デモに登場するピカチュウは地面の上にしっかり立っていて40.6cmの小さなポケモンを見下ろすことができる。歩を進めればポケモンとの距離を縮めたり、離れたり、回り込むこともできる。つまり、奥行きの要素が追加されてかなりリアルになっている。

Catching a Pikachu using the new AR mode. from pokemongo
App Advice

またポケモンがモンスターボールに入ると、現在は不自然にモンスターボールがズームしてゲットできるか否かのアニメーションが再生されるが、ARKitに対応したポケモンGOでは地面にボールが落ちてそのままの視点でゲット判定のアニメーションが再生される。

これを見たあとでは今のARモードがかざりものに感じる。実際にポケモンをゲットして2回目以降はARをオフにしている人がほとんどのはずだ。しかし、ARKitに対応したリアルでホンモノのARモードが利用できるようになれば、再びARモードのスイッチをオンにしでポケモンをゲットする人も増えるはずだ。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINEの使い方

2019/04/18
LINEの新機能「トークBGM」の使い方を解説

LINE Pay

2019/04/18
LINE Payアプリの使い方を解説〜使えるお店の検索、クーポンの使い方も

LINE

2019/04/17
LINE、アプデでAndroid版のタブを上から下に移動。iPhone版と同じ配置に

LINE Pay

2019/04/17
速報:最大20%還元、LINE Payが“平成最後”の還元祭「超Payトク祭り」をあすから開催
Recommendこんな記事も読まれています