bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

更新:データ共有アプリ「Pushbullet」、数日後にChromeストアから削除される可能性→解決

スマホアプリ

データ共有アプリ「Pushbullet」、数日後にChromeストアから削除される可能性

100万人以上のユーザーが愛用するAndroidアプリ/Chromeエクステンション「Pushbullet」が数日後にChromeウェブストアから姿を消すかもしれない。

Pushbulletはスマートフォンやタブレットの通知をPCで確認したり、SMSを送受信したり、ブラウザ上でコピーしたテキストやリンク、画像を異なるデバイス間や友だちへカンタンに共有できる便利なサービスだ。

Pushbulletの公式ブログによると、突然Googleから14日以内に変更しない場合、Chromeウェブストアからエクステンションを削除するとの警告を受け取ったという。

GoogleはPushbulletの開発者に対して修正に関するヒントは与えたものの、例によって具体的なことは伝えておらず開発者は対応に苦労しているようだ。

修正のヒントはデベロッパープログラムポリシーのユーザーデータプライバシー項目にあるユーザーに要求するアクセス権を減らすこと。

PushbulletはすべてのURLに対して要求していたデータアクセス権を限定し、現在開いているタブへのアクセス権限を削除(これに伴い重複したタブを開かない機能も削除)したものの、Googleは修正を却下したという。

これを受けてPushbulletはデータアクセス権を最小化し、クリップボードの読み書き権限を削除。なお、クリップボードの読み書き権限を削除することによって、月額会員向けに提供していたユニバーサルコピー&ペースト機能(コピーしたテキストを別のデバイスで共有できる機能)も利用できなくなる。現在は修正を加えたものをレビューに提出しており、結果待ちになっているようだ。

5月13日時点で残された期間はあと7日間。5月20日までに修正しなければPushbulletはChromeウェブストアから削除される。

UPDATE:2020/05/15 11:55Googleの承認を得て最新版となるバージョン357のPushbulletがChromeウェブストアで公開された。これによりPushbulletがウェブストアから削除されることはなくなったようだ。END OF UPDATE

ちなみに、現在PushbulletアプリはGoogle Playストアのみで公開されており、App Storeからダウンロードできなくなっているが、結果から言えば今回の件とは無関係。

主な原因はiOS 13で追加された「Appleでサインイン」の存在だ。PushbulletのようにFacebookなどサードパーティーのログイン連携を利用している場合は「Appleでサインイン」の実装が必須となる。先月のアップデートでLINEも「Appleでサインイン」に対応していた。

PushbulletはこういったAppleのポリシーが気に食わないこと、そもそもiOSであまり使われていないこと、Swiftや最新のiOSに合わせてアプリをアップデートすることが大変であること、iOSとは別のプラットフォームに注力するためApp Storeから削除した説明としている。

関連記事

コメントを残す

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

NTTドコモ

2020/05/28
速報:ディズニープラス、6月11日から日本で開始。月額700円

iPhoneの噂・最新情報

2020/05/28
iPhone 13、5カメラ搭載か。新しいアナモフィックレンズ追加?

PlayStation 5

2020/05/28
PlayStation 5、6月4日に発表イベントか

NTTドコモ

2020/05/27
ドコモ、「Xperia 1 II」など発売日を延期。6月以降に
Recommendこんな記事も読まれています