デザインが刷新された人気RSSアプリ「Reeder 4」がようやく登場

スマホアプリ

デザインが刷新された人気RSSアプリ「Reeder 4」がようやく登場

人気RSSリーダーアプリReederシリーズの最新版となる「Reeder 4」がApp Storeで公開された。

「Reeder 4」は、2018年後半に公開予定とアナウンスされていたが、約4ヶ月遅れてようやく配信開始となった。

「Reeder 4」のアップデート内容

「Reeder 4」のアップデート内容は以下のとおり。なお、現在のところ画像のキャッシュ機能は開発が間に合っていないため後日提供されるとのこと。

  • 新しい「Bionic Reading Mode」
    • 文章の重要な部分を太字にして強調表示してくれる機能
  • iCloudを利用したあとで読むサービス
  • サムネイル付きの記事リスト
  • 検索
  • 記事ビューアーの大幅改善
  • 多くのレイアウトオプションを追加
  • リーダービューの改善
  • Reeder for Macに対応したショートカットの追加

販売価格はiOS版が600円、macOS版が1,200円。現行の「Reeder 3」からアップデートはできず、新たにアプリを購入し直す必要がある。

Reeder 4

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

キャッシュレス

2021/01/28
Suica対応「Fitbit Charge 4」が発売。3月上旬から利用可能に

アンケート・調査結果

2021/01/28
スマホの画面ロック、Android利用者の3割設定せず。iPhone利用者は9割超が設定

ニュース

2021/01/28
総務省「SIMロックは原則禁止にすべき」年内にも実現か

ニュース

2021/01/27
キャリアメールの持ち運び、総務省「早期実現が適当」有料認める
Recommendこんな記事も読まれています