bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2020年上半期のアプリ売上は5兆円超。全体の7割はゲームアプリ

スマホアプリ

新型コロナ影響か、ゲームアプリのDL数が爆増

調査会社Sensor Towerが、2020年上半期のApp StoreとGoogle Playで公開されているアプリを対象にした調査結果を発表した。

今期は新型コロナウイルス感染拡大に伴う影響が反映されたもので前年同期に比べて売上、ダウンロード数ともに大幅増加し、売上は5兆円超を記録している。

App Storeの売上はGoogle Playの約2倍に

Sensor Towerの調査は、App StoreとGoogle Playを対象に2020年上半期のダウンロード数と売上を推測および予測したもの。売上は有料アプリ、アプリ内課金、サブスクリプションを合わせた推定値となっている。

新型コロナ影響か、ゲームアプリのDL数が爆増

2019/2020年上半期の収益比較

調査によるとApp StoreとGoogle Playの売上は日本円で約5兆3000億円となる501億ドルを記録した。前年同期の406億ドルから23.4%増と大幅に成長。成長率も前年の20%を上回っている。

ストア別の売上はGoogle Playが前年同期比21%増の173億ドル。App Storeが前年同期比24.7%増の328億ドルを記録し、Google Playの約2倍の売上となった。なお、売上にはアプリ内広告やAmazonアプリでの商品購入などコマースは含まれていない。

動画アプリが躍進。ビデオ会議「Zoom」は全体3位に

アプリ別の売上とダウンロード数も発表されている。

ゲームを除いたアプリで最大の売上を記録したのはマッチングアプリ「Tinder」でわずか6ヶ月で4億3300万ドル、日本円で約465億円を売り上げている。

トップ10にはYouTubeやTikTok、Tencent Video、Netflix、Disney+、iQIYI、BIGO LIVEといった多くの動画関連サービスがランクイン。日本でも馴染みのあるサービスとしてはLINEマンガが全体10位、LINEがApp StoreとGoogle Playで6位に入った。

アプリの売上ランキング

アプリの売上ランキング

ゲームを除いたアプリ別のダウンロード数では「TikTok」が全体、各ストアすべてでダウンロード数1位を獲得。前年比の約2倍となる6億2600万回ダウンロードを記録している。新型コロナウイルス感染拡大に伴うリモートワークで重要が急増したビデオ会議アプリ「Zoom」は全体3位にランクインした。

アプリのダウンロードランキング

アプリのダウンロードランキング

全体売上の7割超を占めるゲームアプリ

ゲームアプリの売上は前年同期比21.2%増の366億円を記録。全体売上の7割以上を占めている。Appleが新型iPhoneの発表イベントなどでゲームアプリにフォーカスする理由がよくわかる結果だ。

ゲームアプリの売上ランキング

ゲームアプリの売上ランキング

アプリ別ではバトルロイヤルゲーム「PUBG MOBILE」が全体売上1位を獲得。mixiの「モンスターストライク」が3位、根強い人気を誇る「ポケモンGO」も10位にランクイン。「PUBG MOBILE」はダウンロード数でも全体1位となっている。

アプリの売上ランキング

アプリの売上ランキング

アップデートを含まない全アプリの初回ダウンロード数は、前年同期26.1%増の715億回を記録。このうちApp Storeは183億回、Google Playは532億回を記録。いずれも前年同期比で20%超の増加となった。

このうちゲームアプリの初回ダウンロード数は、前年同期42.5%増の285億回の爆増となった。特にGoogle Playでは約1.5倍の増加を記録している。

アプリのダウンロードランキング

アプリのダウンロードランキング

新型コロナウイルスの影響

Sensor Towerは、アプリのダウンロード数が大幅に増えた理由について新型コロナウイルス感染拡大によって世界各地で実施されたロックダウンや外出自粛をあげている。

また、マッチングアプリ「Tinder」はゲームを除くアプリで最高の売上を記録したものの、前年同期比で約19%の減少を記録したが、売上減の理由の1つとして新型コロナウイルス感染拡大の影響をあげた。ロックダウンや外出自粛によってマッチング回数が減ったことは容易に想像できる。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

ソフトバンク

2020/10/22
ソフトバンク、2020-21年の学割開始。6ヶ月間・月額900円から

iPhone 12

2020/10/22
iPhone 12シリーズ、購入検討で「12」がダントツ人気。5Gが最も魅力に

iPhone 12

2020/10/22
iPhone 12、5G接続時に電池持ち悪化。Androidにも敗北

SIM関係

2020/10/21
総務省、eSIM普及で携帯料金値下げか。値下げ効果に大きな疑問
Recommendこんな記事も読まれています