SoftBank on LINE、月額2480円に料金値下げへ

bio
Yusuke Sakakura

SoftBank on LINE、月額2480円に料金値下げへ

ソフトバンクが3月開始予定と案内している新ブランド(コンセプト名:SoftBank on LINE)の料金がサービス開始前に値下げされると日本経済新聞が報じた。

これまでは20GB+LINEデータ使い放題で月額2,980円と案内されていたが、KDDIが発表したオンライン専用の新ブランドpovoと同じように5分間の音声通話かけ放題をオプションに分離することで月額2,480円に値下げして提供するようだ。

ソフトバンクとKDDIの新ブランドが最安に

ソフトバンクはきょう10時から「オンライン専用新ブランドに関する発表会」に開催する。ソフトバンク広報部に問い合わせたところ新ブランドの名前が発表されるとのことだったが、同時に料金値下げも発表されることになりそうだ。

新プランを最初に発表したのはドコモだった。

オンライン専用プラン「ahamo」(アハモ)は、月2,980円でデータ容量20GB、格安スマホ/格安SIMサービスを提供するMVNOが太刀打ちできないようなプラン内容に加え、ドコモと同じエリア・同じ通信品質の回線で5Gにも対応したことで大きな注目を集めた。

次に新ブランドを発表したのはソフトバンク。データ容量や料金、通信品質はahamoと同じだが、コンセプト名として“SoftBank on LINE”を掲げ、LINEのトークやLINE通話など一部のLINE機能を利用した場合はデータ使用量としてカウントしない「LINEがギガノーカウント」を盛り込んで差別化を図る。

最後になったKDDIは大手3社のなかで最も安い月2,480円の新ブランド「povo」(ポヴォ)を発表した。

ドコモのahamoやソフトバンクの新ブランドには、5分間の通話かけ放題が基本料金に含まれていたが、ユーザーが使い方に合わせて自由にプラン設計できる“トッピング“を特徴として打ち出し、通話かけ放題を500円のトッピングとして提供することで最安を実現した。

今日の発表で料金はソフトバンクとKDDIの新ブランドが並ぶことになりそうだ。ただ、ドコモは3月26日のサービス開始を前に対抗値下げする可能性もある。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています